さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  その他北海道

ログインヘルプ


2012年10月22日

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う

2008年3月24日(月) 06:47 ▼コメント(2)

 最初にアゲてから完成までに延べ5日間もかけてしまいましたぁ。時間的にいかにハードな状況であったか、という意味で記念碑的な記事です。(3/28 6:10)

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う


サブウェイ 札幌アピア店
札幌市中央区北5条4丁目アピア内 ℡011-209-1345
営業日 年中無休 営業時間 7:30-21:00

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う


ますやパン 帯広駅店トラントランますや
帯広市西2条南12丁目3-2 ℡0155-26-3296
営業日 無休(不定休) 営業時間 8:45-20:00

 参考記事
 モン・ヴィルさまはコチラ
 もろはくさまはコチラ
 しのmadokaさまはコチラ
 ノースランド帯広特製サンドイッチはコチラ
 この時代はコチラ

 メインはサブウェイさまのフレッシュサンド・えびアボガドのぱっくり画像

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う



 ここんとこずうっと、札幌出張の機会に恵まれずにおりました。ということは、特急スーパーとかちやとかちの札幌行きで味わえるノースランド帯広特製サンドイッチですとか、札幌薄野のmadokaさまいらっしゃる、モン・ヴィルさまですとか、日本酒バーもろはくさまを楽しむ機会をすっかり奪われていたワケですね。淋しいことでございましたよ。

 それが今月のとある日にですね、夕方5時過ぎにですね「萬造さん、明日札幌に行ってきて」とのご沙汰。一も二もなく「はいはい、行きますいきます」とご返答いたしましたよ。

 もう既にJRチケットは手配済みでございました。残念ながら行きは朝一の特急とかち2号ではなくて、特急スーパーおおぞら6号(帯広10:04発)でした。帰りは特急スーパーおおぞら13号(札幌19:58発)でしたけど、とかち9号(札幌20:58発)に変更いたしまして、札幌滞在を伸ばすことといたしました。月-木は特急まりもがなくなってしまいましたんで、とかち9号が一番遅いんですよね。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う

ホントはね、引用欄で遣いたかったのよ。ところがさぁ、1枚しか駄目っていうのよ。 この時代 が懐かしい。


 普段は早起きでも朝食を摂らないワタシですけれど、車窓の旅だけは特別。やっぱり何か欲しいよう、ということで、帯広駅ESTA帯広西館とかち食物語にあるトラントランますやさまに寄りまして、2品購入。木の実の天然酵母パンと白スパサンドです。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
ごつごつ、っとした感じでしょ

 木の実の天然酵母パンは固いパン嫌いのワタシでも許してしまう逸品でしてね。ナッツとシードとドライフルーツがみっちりつまっておりまして、とても味わい深いのですよ。天然酵母パン独特の食感と合うのです。1個食べるとお腹一杯になりますから、ハーフ(165円)を選択。


サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う

これでもかっ、ていうほど詰まってます


サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
グリンピースがいいのよ

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
撮影は出発前にESTA2階で(笑)


 白スパサンド(160円)はもう、ますやパンさまの定番中の定番(ワタシにとっての)ですから、ハズスわけにはまいりません。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
単品で280円のはず


 意外なほどイケルるのは車輌販売されているコーヒーでしてね。ワタシとしては、乗務員のお姉さまとのふれあいを除いたとしても、マックのプレミアムローストよりは評価高いです。質感がいい。単品でも頼んでしまいますもの。


 で、今回時間が足りなくてですね、お昼御飯をどうするか悩みました。行きたい店はいくつかございまして、くろにっきでご紹介されていたさえらさま が第一候補だったのですけど、繁盛店ですから行列必死。13時半からの会議に間に合わない可能性が高い。

 駅近辺で気軽に済ませることにせざるを得ませんでした。で、なにかないかと車内に据えつけてある冊子「エキマガ」をぺらぺらしましたら、なんと3月6日にサブウェイさまがオープンしたとの情報が。北海道初上陸なんですって。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
永岡書店:すぐに役立つ【ハンディー判】カロリーハンドブック(1998年)

 サブウェイさまとの出会いは10年前に遡ります。東京で1年ほど暮らしていたことがございまして、その時のことですね。当時体重が現在より5キロ以上多くてですね、ダイエットに取組んでおりました。カロリーハンドブック、みたいなものを眺めて喜んでおったのですよ。


 それで、なにかの折に赤坂かどこかだったかの店で食べた記憶があるのですよ。確かいただいたのは、上のハンドブックにも画像が掲載されている、シーフード&クラブですね。とにかく、かにが入っているというのに魅かれたんですね。なんかおっきいのがガンと入ってるじゃないですか。画 像では!

 で、初めての場所でございますし、ゆっくり味わっている余裕もございませんでしたしね。全然印象に残っているものはないのですよ。なんせ、10年前ですし。ただマックと同様「広告宣伝とはポーションが大分違うンじゃなーい」ということくらいかな(苦笑)。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
オープンして日が浅いですし


 で、札幌駅到着後真っ直ぐ向かうことにいたしました。方向に疎いワタシでさえ、地図無しでたどりつけましたからワカリやすい場所にあるといえますね。だいたいにおいて行列ができてますしね。さすが昼時のファストフード(←ファースト(1番)じゃないのよ、ファスト(早い)よ)ショップ。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
お勧め3種


 冊子に掲載されていたのがメニューがえびアボガドでしたから、それ以外の選択はワタシにはありえませんでした。初めてであれば、「お店のイチオシを選択」するというのが基本!でございますよ。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
お客さまも流れ作業中


 バンズの種類は?、トーストするか?とか、野菜の嫌いなのは言ってね、とか色々バリエーションを選べるのがサブウェイ流です。で、今回はノーマルにしました。よくワカンないときには「お店のいうとーりにする」というのが基本!(←しつこい)でございます。


サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
なんか見ていて楽しいの


 でね、「自分の食べるものが流れ作業で作られていく過程」っていうの楽しいんですよ。しかもですね、可愛らしいユニフォームの女の子が次から次へと変わってですね、その度に会話を交わせるというサービスが漏れなくついてくるという(笑)。


 ほとんど、キャバクラで女の子がチェンジしていくのと変わらない、じゃないですかー。これは萌えです。(←10年前には、この概念はまだ出来上がってなかった)あはははは。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
スープにポテトをセットして800円


 行列のほとんどの方が「お持ち帰り」でしたんで、昼時ど真ん中にもかかわらず、店内の席は半分以上空いておりました。しかも男性一人客はワタシのみ。なんか意外でしたね。価格が高いせいかしら。

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う



サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う



サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
ネットリ感、伝わりますでしょ


 さて、えびアボガドのテイストのポイントはワサビ醤油ソース。ワタシにしてみると、ほんのり、という程度でございますがえびの味わいを残すためにはショーガない。潰したアボガドが塗りつけてあるのですけれど、同系の色ですから見た目も爽やか。アボガドのネットリをワサビが引き立てる。


サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
コーンチャウダー

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
ポテトS


 今回はセットにいたしましたけれど、ポテトS(120円)はともかくスープはショボい感じが否めませんでした。えびアボガドが450円なら、チャウダーの質感からいって、230円は高い。どこで利益をとっているか、というのを強く感じた次第でございます。


 出張の本旨である会議に出席しまして、その後の懇親会を途中でフケまして、目指したのはペンギンのお店でしてね。ゆったりシートに腰掛けて、愛しのmadokaさまとしっとりお話し。もう、時間はあっというまに過ぎてしまうワケですよ。「まだ、帰りたくないよぉ」と泣きながらモンヴィルさまを後にいたしました。タクシーで帯広まで戻るワケには参りませんしネェ。ほんと、特急まりもの臨時列車化(金・土・休日のみ)が恨めしい。

 で結局食べたりなかったワタシは帰りのとかち9号で「サンドイッチ・セット」を乗務員のお姉さまにお願いしてしまうことにしちゃいました。本日3回目のサンドウイッチでございます。そう、本来はサンドイッチじゃなくて、サンドウィッチとワタシは表記したいのよ。

 砂(サンド)と魔女(ウィッチ)以外のものは挟んで食べられますよ、というのが確かサンドウィッチの語源。ですから、タイトルでもそうしたかったのですけど、字数制限に引っ掛かってしまって、サンドイッチと。


サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
これがJR北海道標準のサンドウィッチ

サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
なんとなく重ねてみました

 是非ノースランド帯広特製サンドイッチと比較していただきたいのですが、たった100円しか違わないのに、このみてくれのショボさといったらない。味わいもやはりそう。コーヒーの美味しさがやけに引き立つという。


 ほんと、上り線のとかち、スーパーとかちにお乗りになれる方は幸せです。

 それにしても、朝から晩までサンドウィッチ三昧のワタシ。ネタを作り出さずにはいられない芸人体質というか、ブロガー気質というか。なんでもオモシロがってしまわずにはいられない、ということですね。




コメント(2件)


04-08 20:15
くしろう
くしろうでのお邪魔はお久しぶりです(笑)
記事が旬なウチにお邪魔できずすみません。
近々アップ予定のあるお店を書きながらふと思い出しまして。

モノの価値、特に価格設定、根拠ってわからないですよね。
(そこをアレコレ想像するのが実は楽しいですが。)

特急のコーヒーは280円。
なのにサンドイッチとセットだと実は100円?
マックのコーヒーも100円。
スーパーとかちのサンドイッチと札幌発特急の〝あの〟サンドイッチの差が100円。

う~む。

マックのハンバーガーは1個100円から500円。
5個買ったほうが満足?

質?
量??

安かろう悪かろうもありますが、
高かろう?かろうも平気に存在。

コストパフォーマンスを考えないと実はトンでもない差がついてる事が・・・。

あ、文章・・・も?
もっと書きたい事があるのに400字がぁ。。。




04-08 21:12
端野 萬造
>くしろうさま
 注目度が落ちた頃にゆったりコメントするというのはワタシ自身がよく遣う手法です。そのほうが流れを気にせず、カキコしたいことを書けますのでね。そして、そこまで待ってあえてカキコするわけですから、当然思い入れのこもった文章になる。できうれば、そういったコメントこそ読んでいただきたいのですけれど。「端萬記ファン」以外の方にはさほど価値がある行為とは思ってもらえないのでしょう。
 食の価格、については妙な部分で安くなり過ぎた、とワタシは捉えています。そしてそのつけは消費者が背負うことになる。近時の値上がりは序章に過ぎない。色んな歪が価格という部分で表現されているような気がいたしますね。え、文章?最近オモシロいんであえてみっちりカキコするのを増やしました。ほんと制限文字数の限界に挑戦していますよ。1文字2文字を削る作業を結構行っています。不要な文章の垂れ流しを抑えることができるように。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(札幌出張)の記事画像
行列のヴァイキング・レストラン/札幌大丸・THE BUFFT
豚肉の甘みが味の決め手か/札幌・琴似・ふくべの広東麺
同じカテゴリー(札幌出張)の記事
 行列のヴァイキング・レストラン/札幌大丸・THE BUFFT (2012-06-09 23:01)
 豚肉の甘みが味の決め手か/札幌・琴似・ふくべの広東麺 (2012-05-06 08:00)

Posted by きむらまどか at 05:25│Comments(0)札幌出張
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
サンドイッチ×3/10年ぶりのサブウェイに札幌アピアで出逢う
    コメント(0)