さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  その他北海道

ログインヘルプ


2012年10月06日

cask追悼・コメント欄

ブログ本文はコチラにて。

コメント(50件)


01-22 00:04
くどっち
お風呂入って
30分以内が
睡眠するグッドチャンスらしいですよ!




01-22 00:14
端野 萬造
>くどっちさま
 ご親切にありがとうございます。ちなみに現在お風呂からあがって2時間ほど経過しておりまして、既に左足の先は冷たくなりつつあります。ウールのソックスはいてるんですがねぇ。

 でも、いきなりどうされました?! どこか違うところにコメントされたかったのはないでしょうか。あははははは。






01-26 01:31
しょうぞう。
こんばんは。遅まきながら今年もよろしくお願いいたします。
私も商用で登録していますが「こんなんでええんやろか・・・?」と考えますね。
萬造さまのブログを見るとほんと見事に活用されてるなぁと思います。
今年はぼちぼちレボリューション!!
※ここまで書いてボタン押したら(自宅から)ログインできてなくて消えちゃいましたぁ(><)






01-26 01:34
しょうぞう。
追伸:「こんなんでええんやろか」と考えちゃうのは自分のブログに対してです(^^;




01-26 02:10
端野 萬造
>しょうぞう。さま
 まいど、でございます。結局「なんのためにブログをあげるのか」という最初の部分が大切なのかもしれません。特に商用ブログにおいては。

 個人ブログであれば、それはもう好き勝手。読まれようが、読まれまいが、仲良くしようがトゲトゲ対応しようが思うがまま。それでいい。当然意識も目的の変化も自由自在。

 ところが商用の場合は商用とした時点で取組方が個人とは全く違うべきですし、違うはずだとワタシは思います。その最たるものは「読者はお客さまであり、お客さまは読者である」ということ。この視点をもたなければならないワケです。

 しょうぞう。さまの課題は・・・。もっと数をアゲること。ワタシも現在のようなペースで続けていたら、アクセス数は全く違ったものになっているでしょう。千里の道も一歩からです。






01-26 19:43
しょうぞう。
本日はありがとうございました m(_ _)m
そうですね、まずは発信数ですよね。
少しずつ商用らしく更新していきます(^^)




01-26 21:43
端野 萬造
>しょうぞう。さま
 しょうぞう。ワールドは既にできあがっているものですし、店の雰囲気をこれまでのブログも上手く伝えているとワタシは感じています。特段変える必要はないでしょう。あのままがいい。

 ただ、せっかく技術的に高度な側面をもっていらっしゃいますし、勉強熱心でもいらっしゃる。そこの部分のPRをどうしていくか。ここが課題でしょうね。

 でも基本はお客さまが満足してくれるか、どうか。その部分だけは忘れないようにしなくては、ということでしょうか。






01-30 08:22
へっくしょん @plala.or.jp
まずは脱稿お疲れ様でした。
毎日この記事の完成を楽しみにしていたcaskマニア?の一人です。

こんなカタチでしか残らないのはやはり寂しいですが、それでも記憶から黙って消し去られるより、こうやって記事に残して頂けるのはせめてもの救いなのかもしれませんね。

萬造様にしてもcask様にしても後からでも読み返してみたいと思える記事が凄く多かったのが特徴ですよね。
どこかで使われていたポイ捨て記事とは明らかに一線を画してる。単純にcask様の記事が読み返せない事寂しいです。

魅力あるブロガーが姿を消してしまうこと、同じように惜別の念抱いています。
もちろん、入れ替わりがあるのはどこのサイトでも社会でも同じなのでしょうが、巨匠と呼べそうな方はそうそう現れないものですよね。
多分今の読者の杞憂は萬造様までいなくなってしまうこと。それだけはなんとかお避け下さいね。



01-30 23:19
端野 萬造
>へっくしょんさま
 9日間にも渡り、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。カキコし始めたものの、一体どうやって終わらせるのか見えないままでございました。

 まさしく因縁の記事http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&blog_code=275と同様。あの時も終わりが見えなくてツラかった。

 ツライって言いながら記事カキコするのは、マイとかちでワタシくらいのものでしょうね。どっかにも似たようなことおっしゃってた方いらっしゃいましたけど、意味合いが全然違いましてね。

 ポイ記事、もしくはワンクリック記事。ええっとどの記事でしたっけね。あ、これだ。最近記事カキコしないものだから、探しやすい。http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&blog_code=264#comment6
(続く)




01-30 23:21
端野 萬造
(続き)
 あとからでも読み返してみたい、実際読んで楽しめる、というのが本来的に力のある記事ということなのでしょうね。

 ワタシが本文中で名を挙げたブロガーさまの記事のほとんどがそうでありました。ただ、こっそりカキコしておきましょう。ワタシにとっての香桜さまはKao時代で実は終わっている。それはご本人が自覚されていたとおりでしてね。「かお・Kao・香桜を自分なりに振り返る」でしたっけ。

 その苦悩を知るがゆえに香桜時代も認めていたのですね、ワタシ。ああ、そうそう。「かお・Kao・香桜」のコメント欄でワタシ宣言したんです。

「ワタシ、ここでのブログを停止するときには告知しないことにしました。黙っていきなり消えます。そうします。アカウントも一緒ですね。いつかしら」
(続く)




01-30 23:22
端野 萬造
(続き)
 これをご記憶のスーパーコアな端萬ファンの方でしたら、「ついにやったか」と思われたかもしれませんね、1/17は。http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&bbs_code=352&res_code=800

 ただねぇ、これですと自分でアカウント停めたのか、強制停止喰らったのか外見上判断つきません。ただ、強制停止の場合でしたら、ワタシ「法律以外の手段で」じたばたするでしょう。

 あちこちの掲示場をフルに活用するでしょうね。まちBBSはもちろんのことです。そちらで確認されるのが早道かもしれませんね。削除されちゃうかもしれませんけれど。

 「朝鮮戦争」同様、「マイとかち代理戦争」は終結宣言されてませんのでね、実は。ま、焦点はワタシが消されるか、否かということだけですがね。

 単純にそれを避ける最大の応援は「端萬記」ファンの存在自体だと信じておりますよ。巨匠ですか。その表現にうっとり、でございます。






01-31 17:26
香○ @ocn.ne.jp
ハーイ、どうも~。
(ん?こんな軽いノリで入って良いのかしら?)

 私にとってブログは自己満足で書いていたものばかりです。私と同じように、夫の転勤でやってきて初めての土地での生活に少しでも役に立てる情報があれば・・・なんて考えもありましたが、結局は自分の書きたい事ばかり。

 文章を書くことは小さい頃から好きでした。現在の私を知っている方には想像できないと言われますが、話すことが大の苦手で親にも「何を考えているかわからない」なんて心配されるくらい表情にも出しませんでした。よく妹の後ろに隠れていましたし。
 でも手紙や文章としてなら表現できた。そんな部分が私の中にまだ残っていて、文字を打つことで口には出しにくい我慢している何かを表現させてもらっていたと思います。手のかかる乳児と家にいると電話もままならないから「会話」ができないことあるんですよね。そりゃもうストレスさっ(^^ゞ




01-31 17:28
香○ @ocn.ne.jp
 そんなわけで、当時は乳幼児二人と向き合う生活の中での数少ない息抜きであり社会との接点がブログであったのだと思います。今思えば、少々のめり込みすぎたかもしれません。
 一年近くたち時々少しだけ思うのは、自ら削除したりアカウントまで停止しなくても良かったのではという事です。
 それは閲覧者のうちの極少数とはいえ、私の記事が読めなくなったことを時間がたってからも残念がってくれている方がいると知ったからでした。
 でも、あの時はそれしか考えられませんでした。とにかく存在そのものを消したかった。本当は他のブログにした自分のコメントさえも消したかったくらい。

 辞めた後は閲覧者としても、徐々にこのサイトから離れていきましたし、現在のユーザーさんも新しい方は特に誰が誰だかよくわかりません。以前は全ての記事を読んでいたくらいでしたのに。



01-31 17:31
香○ @ocn.ne.jp
 現在は端萬さんの記事や掲示板をスタートにタイトルで気になったものを少しだけ読んだり「(親しかった)あのユーザーさんはどうしてるかな」と時々覗いてみたり。閲覧する時間は激減しました。次女も大きくなったからダッコし続けてなくちゃ寝ないなんてこともなくなりましたしね。端萬さんやcaskさんがいなければ余計に訪れる時間が減ったと思いますね。

 caskさんは記事数も少なかったですし、私との直接的なやりとりはほとんどありませんでしたが、それでも印象の強い方でした。端萬さんのところでのコメントも楽しく拝見しておりましたよ。どちらかというと、記事そのものの印象よりもコメント欄(一部ユーザーしか閲覧できない場所含め)での印象が強いかも。
 自分と合う合わないではなく、「そういう考え方があるのね」などと勉強させてもらっていた部分もあった気がします。私は狭く浅い知識しかございませんし(笑)

 






01-31 17:33
香○ @ocn.ne.jp
 私は(普段は)あまり強く意見を言えるほうではないので、ハッキリとご自身の意見を述べられるcaskさんや端野さんをうらやましく思っていたくらいです。203さんも。
 もちろん、そうすると反発もあります。パソコン画面からは読み取れない察することのできない表情や苦しみもやりきれなさもあったかと想像します。

 ネット社会全体から見たら小さなサイトであるし、端からみたら「何を大げさな」と思われることだとは思います。でも画面前にいるユーザー・非登録ユーザーそれぞれの心に「楽しみ」「喜び」「波風」「希望」「怒り」・・・など、何かしら影響を与えていたとしたら、当事者にとっては小さな世界ではないように思えます。






01-31 17:42
香○ @ocn.ne.jp
 どんなタイプを魅力的なブロガー、魅力的な記事と判断するかの基準もそれぞれでしょう。当然、端萬さんと私でも好みは違うはず。個人か商用かでの使い方(関わり方)も、また違うでしょう。違うからこそイイのだと思います。端萬さんやcaskさんのような存在だけになったとしたらサイトとしての魅力は少なくなるのでは?と思いますし。違う存在がいるからこそお互いが生きてくる。まぁ、わざわざ書くまでもありませんが、あまりにも非常識とか犯罪につながるとか何でもアリというわけではありませんけどね。発信する側、受ける側の関わり方で、またこのサイトの存在価値が変わっていくのでしょうね。

 でも、私にとっては「cask」さんの存在が現在進行形ではなくなってしまったことは大変残念です。・・・詳しい経緯はよくわからないのですが(^^ゞ






01-31 17:44
香○ @ocn.ne.jp
 そして、先に書かれているコメントと同じように端萬さんが過去になってしまうのも、あってほしくないことです。自ら辞めておいて、こんな事言える立場じゃないのですね。
ナハハ(^^;ゞ

 端萬さん、「こっそりカキコしておきましょう」って、まぁ~なんってワザとらしい「こっそり」でしょうか(笑)。確かに香桜時代に入ってからは私の中でのモチベーションは違いました。それに気がついていたのは、たぶん端萬さんだけ。さすが「なんであんな主婦のブログがアクセス取るんだ!」と、どこかでぼやいていただけあってよく研究?されてましたよね(笑)。






01-31 17:47
香○ @ocn.ne.jp
 ただ、いまだに「魅力的な」と言われるのは恐縮です。たまたま私があの時に目立つユーザーとして存在していただけと思ってますし。カオリストの記事でも「存在」と書かれてましたしね。
 caskさんや端萬さんのように書く内容そのものの魅力は私にはあまりなかったと思っています。だから自分で全てを削除できた・・・。書き込んでくれた方には本当に申し訳ないのですが。

 
 繰り返しますが、端萬さんのまで消えてしまうのは一ファンとして「イヤ!」ですよん。ずっと進行形でいてくれなくちゃ!
 ↑最初はコレを書きたかっただけなのに、随分長くなりましたね(相変わらず?笑)。コメント欄400字だけになっちゃってるのに、何件分も使っちゃってごめんなさいね~。許しておくれね~(笑)。






01-31 18:41
とどこ
きゃーきゃー言っている、たぐいのとどこです。なんか結論は霧の中。そんな感じを受けました。新参物ですから、あまり上手に意見はいえなくて、ごめんなさい。図書館のように思えますよ。ここは。哲学あり、漫画あり、小説、科学書あり~。私は現実がしんどいから息ぬきです。いろいろあって、いいと思うけど、飲まれちゃいけないと思っています。わたしたちはネットで生きているのではなく、現実に生きているのですから。うまくいえなくてすみません。






01-31 20:50
おさるのかぐや彩優木
★"香○さん
お久しぶりです!覚えていただけてますでしょうか?

しばし同窓会気分、お許し下さい。
とどこさんも遠慮なさらずに入ってきて下さいねww

香○さん、お久しぶりのご登場感謝です!
でもって相変わらず「なげーよ!」って突っ込んでもいいですか?すいません。
誰か突っ込み入れた方がいいかと、一応。(笑)

その節は大変御世話になりました。
といっても当時はまったくわかっていなかったのですが。(かなり鈍いですよね)
凄く衝撃的な出逢いでして、今でも鮮明に覚えています。
多分、いろんな方に話してるのですが、本当に美しい方で、才色兼備とはまさにこのことだと。
お世辞抜きで、いまだに一般人で香○さんを超える美しい方にお逢いしたことはありません。
(もちろん私の目線でですが、一応美しい方にお逢いするのは多い職業だと思ってます!)





01-31 21:01
おさるのかぐや彩優木
と、前置きだけで1コメ使ってしまいました。
香○さんのが伝染したかも(笑)

で、何故か私にとっては、香○さんはお書きになるのを辞めてからの方が勝手に身近な存在に感じています。

もちろん、当時も多少のやりとりはあったと思います。
ただ、私からの感想として当時は頑張りすぎてるのでは?と勝手に心配もしていました。
ここまで丁寧にレス返していたら、いずれ疲れてしまうのではないかと?
ニュアンス的な理由は違うかもしれませんが、最終的には存在がいったん消えてしまって、本当に寂しく思っていたのですよ。

でも、お辞めになられてから、たまのコメントを見付けるたびに元気でやっているのだなぁと凄く嬉しく安堵してました。

とりあえず、一度ちゃんと本人にお礼を言いたいとずっと思っていたので、この場をお借りしてしまいました。
なんか関係ない話でごめんなさいねww




01-31 21:13
おさるのかぐや彩優木
で、やっと本題wwすいません。

>想い出話なのか説教なのかよくワカラないことが多い
ちょっとうけてしまいました。
まさにその通りで、でもそれが好きなんですがww

>caskさまのは徹頭徹尾、その事柄についてマニアックに攻める。もう、ついてこられない読者はいらない、というすがすがしさ。
私もその姿勢が好きでした。

今でも本当に想い出せる読み返したい記事が多くって本当に残念に思っています。
こんなになるならどこかにコピペしておけばよかったですね。

みなさんがおっしゃるとおり、いろんな方がいていろんなスタイルがあって、読み手も書き手も自由にカスタマイズしながら楽しめばいい。
それがマイとかちの楽しさだと思っています。
今はチャンネルもどんどん進化して、カテゴリも細分化されてちゃんと自分に必要な記事を探せるのにわかりやすくもなってます。



01-31 21:21
おさるのかぐや彩優木
そんな中で萬造様やcask様のような、面白くないものは面白くない、ダメなものはダメと言える存在はやはり必要なのではと思っていますよ。

もちろん、最低限のルールは守る事を大前提として。

んー自分でも何が言いたいのかわからなくなってきました。
魅力を感じるブロガーがこれ以上減るのは私も嫌です。
ネットとはいえ、誰かが傷つけられたり傷つく姿を見るのも嫌。もちろん理想論だとわかってはいますが。

しつこいですが萬造様の書く記事のいちFANですのでこれからも消されない程度に吠え続けて下さいね(笑)




02-01 11:58
香○ @ocn.ne.jp
 あら?ヂヂィにしちゃ珍しく放置?よーし、この隙に書き逃げしておこう(笑)。他の方も今のうちよ!(って、記事上げてから時間経ってるのね)

 彩優木さん、もちろん覚えてますヨォ!!突っ込みいただき誠に誠にありがとうございます♪ウフ。
 確かアカウント停止の翌日にお会いしたと思うのですよね。もう「香桜」は封印と思っていたから名のれなくて、ごめんなさい。鈍いなんて事はなくて、私が気がつかれないよう誤魔化していたんです。でも一度、○材を兼ねてお会いしたかったものですから♪才色兼備なんてことは全くないのですが・・・、もっと褒めて(笑)。

 私も同じように辞めてからの方が身近に感じているかもしれません。そして「疲れてしまうのでは?」というのを今度は私が彩優木さんに感じる事もあります。






02-01 12:00
香○ @ocn.ne.jp
もちろん、どうにか右手を有効活用したくてパソコンに向かっていた私の状況とは違うのかもしれませんが、個人としてだけでなくお店の部分を持ちながらの参加だけに余計に心配してしまいます。
 でも、caskさんの「商用・・・」などを苦しみながらも受け止められた彩優木さんだから大丈夫なのかしら?

 さてさて、「追悼」の記事という事ですし、お通夜の席で久しぶりに逢った者達がcaskさんの思い出話やお互いの近況を語り合う・・・なんて場にしちゃいますかね、喪主?抜きで勝手に(笑)。caskさん見てたら怒られそうですね「勝手に殺すな」って。それに私はあまりやりとりした事もなかったのになれなれしいですね。(ごめんなさい)



02-01 12:06
香○ @ocn.ne.jp
 caskさんについて「コメントの方が印象強いかも」と書きましたが記事も十分印象に残っているんです。「商用」は当然のこと、そばやボジョレーヌーボーの話。坂田利夫?とか、わざわざ看板画像撮りに行ってたのもありましたね。中には「そんな画像貼り付けなくても」ってのも。最初の方は「お酒の会」みたいな感じでしたから、飲めない私には??だったのですが、いつの間にかはまってて。それは端萬さんとの(互いの記事での)やりとりが面白かったというのもあります。
 「ついてこられない・・」が私も結構好きでしたね(笑)。わからなくても面白いなって。


 あ、端萬さんの「説教なのか・・」も面白くて(笑)。お店の紹介だけならそこまで楽しめなかったでしょうね。端萬さんの想いがそこに「これでもか」ってくらいにあるから面白いんです。



02-01 12:08
香○ @ocn.ne.jp
 とどこさんの言葉を借りるなら、ここって飲まれやすく飲み込みやすい気がします。それを時々caskさん端萬さんが「ちょっと」と突っ込んでくれた。でも、お二人は飲み込みたいわけじゃない。
 意見として「違うんじゃないの?」と言える存在って、サイトに限らずどこにでも必要だと思います。

 その時は「ワンクリック記事」でも、後になると違った視点で読めたり楽しめるものって端萬さんのにもあるんですよねぇ。caskさんのも無くなると本当に惜しい。辞めた後もたまに見てたのに寂しいな。
 ん・・・?褒めてるのか貶してるのかわからなくなっちゃいましたね(^^ゞ。だって端萬さんだって私のは「ポイ記事」ばかりだったでしょ?(笑)

 あぁ、またこんなに使ってしまいました。

 彩優木さん、私の一方的な希望ですが今度どこかのバーで「端萬氏とcask氏について語り合うオフ会」したいですね(笑)。



02-01 12:54
おさるのかぐや彩優木
★"香○さん
くすっ、香○さんたら休んでるうちにもっと面白く進化なさってますねww
コメ読みながらにやけちゃいました。

ご心配ありがとです。
そうですね、私もそれなりにいろいろあったんで、同じようにやめちゃおっかなぁ(同じ理由ではないかもしれませんが)なんて思うこともしばしば。
これでも多少は打たれ強くなってるとは思うのですが、やっぱり凹むことも多いです。

きっと私も香○さんと同じできっと何かを表現するのが好きなんですね。
今は無理してはいません。
書きたい事があるときに書くと言うわがままなスタンスでこれからも続けていければと思ってますよ。

多分ね、ジジィ様wwは香○さんに気を使ってわざとコメ遅らせてるのよ。
多分二人のやりとりみてほくそえんでいることでしょう。

なに?いつの間にかお通夜の席になってるの?
それは私には恐れ多くて・・・






02-01 13:05
おさるのかぐや彩優木
>どこかのバーで「端萬氏とcask氏について語り合うオフ会」
それ大賛成です!(笑)
今なら香○さんとあんなことやこんなこと、たくさんお腹をわって?話せそうな気がします。

勝手に酒の肴にするなぁー!って二人から怒られちゃいそうですね。

でもほんとにいつか実現するといいなぁ。
その日を楽しみに待ってますよ。

希少価値があるからこそだとは思っていますが、ぜひぜひまたこっそりでいいのでたまにカキコしてくださいね。
名前が変わってても私の香○センサーで探し当てますからww

はっ本記事と関係ないコメント?!かな?申し訳ありませんでした!






02-02 15:03
みっき~♪
なんで、萬造さんのところは…
綺麗な人が集まるの?

それは、萬造さんがイケメンだから(謎)

みなさまこんにちは!
『ポイ記事・ワンクリック記事』
担当のみっき~ですm(__)m

“香○”さぁ~ん、もっと遊びにおいでよ(笑)

もしかして…
caskさんん呼んだら…現れるかなぁ???
caskさぁ~~~~~~~~~~~~~~ん!(爆)




02-02 20:32
端野 萬造
>香○さま
 おほほ。名前も出してみるものでございますね。マイとかちのオールドファンなら、ご登場に随喜の涙を流していることでしょう。

 そして最近活発に記事をアゲている、ここ半年くらいに登場したブロガーにはなんの価値も感慨もないのだろうなぁ、と思うとその愚かしさにただ哀れみしか感じられません。

 君たちが今生み出しているものは、一体なんなのか。

 何度か申し上げているように現状のマイとかちは「空虚な活性化」が一層進展し、しかも程度が劣化している。非常に残念な状況です。ワタシ自身、その流れに抗しきれず、半ば隠遁状態。やればやるほど、周囲から浮いてしまっている。

 仮想敵、は未だあらわれず。強いて言えばマイとかち全体なのかもしれません。ただ現状の読者の皆さまの期待を裏切らない記事をアゲるだけで精一杯。それもなかなかままならないので「まんへり」でお茶を濁しています。
(続く)




02-02 20:50
端野 萬造
(続き)
 それでも「まんへり」の内容はほとんどの方の記事より読み応えがある、という自負はあります。でもそれは、あくまで「端萬記」ファンに対するものであって、影響力という意味においてパワー不足。

 マイとかちはかつて「Kao流」という表現で批判した状況よりも酷い、閉じたコミュニティへの退化が進展中とワタシは見ています。見かけ上は膨張中ですが、自分の「お気に入り」にしかコメントを公開しない(できない)レベル、あるいは批判・批評にも値しないレベルの記事で満足してしまうブロガー、コメンターが何を生み出せるというのでしょうか。

 香桜さまが完全に去られてから一年経過していませんがあっという間に悪化してしまいました。まさに悪貨は良貨を駆逐中です。とかく人は易きに流れてしまいますから。

 ブロガーを精神的に鍛える状況を無くしてしまったのです。いわば自浄作用の放棄を行ってきたわけですね。
(続く)




02-02 21:06
端野 萬造
(続き)
 caskさまの「暗殺」はその流れ、文脈の中で行われました。結果的には闇に葬り去られるのです。何ごともなかったかのように。

 あなたの「存在意義」自体も結局は何ごともなかったかのようになってしまった。未だ後継は現れませんし、もう登場は無理でしょうね。ワタシはあきらめています。

 結局はワタシが危惧したとおりの求心力を失った存在と化しつつあるわけです。ワタシができるのは、ただその歴史に抗したブロガーを書き残しておくことだけ。そして自身の存在を残すことでそれを維持することだけ。その役割だけでしょうね、ワタシの存在意義は。なんだかツマラない存在。

 結局ワタシはあなたを超えられなかった、と再度の敗北宣言をせざるをえないという不甲斐ない状況。せっかく、おいでいただいたのに面目ありません。40越えのジジィには力不足であったということです。隠遁状態もむべなるかな、で許してくだされませ。




02-02 21:18
端野 萬造
>とどこさま
 そう、結論は結局霧の中。結論を持たずに記事をカキコしたあげく、文字数不足でリングアウト負け、が本記事の実態。あなたの直感的な表現は的を得ています。

 現実もしんどいけど、ネットという環境、その拡がり、に表現者として意識的に立ち向かうようになると負けずにしんどい。コメンターでも同じかな、とワタシは思います。

 ただ、楽しみ方、活用法はひとそれぞれ。誰になんて言われようと「いいの、私はこれで」でいいのです。その覚悟があればいい。そこがしっかりしてさえいれば、なんということはない。

 それを皆さんは持っていますか、の問いかけをcaskさまとワタシは行ってきたに過ぎないのですよ、実は。香桜さまご指摘のように飲み込もうとも飲み込めるとも思ってはいない。

 嫌われながらもお節介をしてきたということです。「そんな人いりませんから」とのご批判もいただきましたけれど。ほほほ。


02-02 21:29
端野 萬造
>おさるのかぐや彩優木さま
 この記事のオイシイとこを見事に突いていただけました。あとの部分はいってみれば、ボヤキとイヤミで構成されている。こういった機会を利用しないと述べることもできませんのでね。

 でも一番読んでいただきたい方にはスルーされてしまっているのでしょうね。もしくは意味が理解できないか。

 オールドブロガーの中にはせっかく香桜さまが登場されたのですから、もっとコメントやレスの遣り取りをされたい方がいらっしゃるはずです。ところが、自分で世界を狭めてしまった結果、それができなくなってしまったという不幸をワタシは見て取ることができました。

 ワタシの姿勢をみていれば、どの方にもそれなりに応対させていただいているの理解できるはずなのにね。自分が過去どのように関わってきたのか、ということ考えるとワタシは不思議です。

 自分で自分を不幸に陥れることくらい、愚かなことはありません。




02-02 21:45
端野 萬造
>みっき~♪さま
 香桜さまやとどこさま、彩優木さまがお綺麗だということをご存知なだけでもお幸せなことです。ワタシは残念ながら面識がないので。

 ウィスキーもそうですけれど、アクが強いものには万人には受けません。でも熱烈な支持者が生まれることも事実。そしてそれがやがて本流になることも少なくない。ワタシが愛したアイラのシングル・モルト、ラガ・ヴーリンのように。

 caskさまを呼び寄せるなら、やはりマニアックな酒の話題でしょう。なんだかんだいっても、記事はワタシよりもアゲていらっしゃるのですから、貴殿はやはり、マイとかちの王様でありサンタクロース。しっかり香桜ぢょうおうさまの後継を育ててくれなければ困ります。

 綺麗な方が集まったのだとしたら、それは綺麗な方が好む話題を取り上げただけのこと。ワタシ自身には一切関係ありません。読者は人間性にではなく、あくまで記事に惹きつけられるのです。




02-02 21:53
とどこ
逢ってみたいです。   ウィスキーとは、いいことおっしゃいますね。   シングルモルトかな。  樽でじっくり熟成させて、天使の分け前ができる頃 飲み頃なんですよね。



02-03 08:24
端野 萬造
>とどこさま
 そうですね。caskさまは消されてしまわれましたけれど、それはまさに「天使の分け前」みたいなものでしてね。そのスピリチュアルな部分はどこかに残っていますよ。探してごらんになれば、労せずお逢いになれるでしょう。

 モルト原酒(cask)がお好きであれば。



02-03 09:51
とどこ
★"端野 萬造さん
昔、小学校の社会見学に、なぜか、余市のウィスキー工場に行ったことが、あります。なぜに小学生で、ウィスキー工場なのか?でしたが、樽がたくさん眠る倉庫はひんやりとしていて、樽の木のにおいと熟されたお酒の香りでした。






02-03 18:35
「かうかう」のいもだん子
この場をお借りして

香○さん
お久しぶりでーす。その節はたいへんお手数掛けてしまいましたね。おかげさまであの日スッキリねむることがでしましたよ(笑

久しぶりの香○節♪お元気そうで嬉しいです。
採優木さんが書かれているようにもっと出没してくださいねっ。

端野氏

気持ちをここに書いて表現するのはじつにむずかしいです、わたしには。
私は端野氏に感謝しております・・地味に一歩一歩ですが




02-04 00:26
端野 萬造
>とどこさま
 ウィスキーの製造過程において、樽はただ原酒(cask)を眠らせる役割だけではなくて、味を構成する一部分であるといわれているようですね。どの樽を使うかでcask自体が変化を遂げる。

 caskさまにとっての樽(マイとかち)はどんな存在であったのでしょう。彼はその樽を自分でぶち壊したのでしょうか。ワタシはそう捉えてはおりません。

>「かうかう」のいもだん子さま
 ただの感想や賞賛、論評、批評、批判を書くことはただテクニックや常套句の羅列を行えば済むことでココロがなくともできる行為。

 気持ちや想いを表現することは実に難しい。当たり前のことです。ただ、表現することはとても大切なこと。とにかく表現しなくては相手に伝わらないのです。方法はなんでもよいのです。言葉や文章である必要もない。ただ、相手に伝える努力は必要です。

 ワタシが感謝されるようなことをしているか、どうかは別の話ですけど。



02-09 10:52
香○ @ocn.ne.jp
 またお邪魔しま~す。

彩優木さん
 何も進化してはいないのですが、久しぶりで新鮮味があっただけかもしれませんよ(笑)
 何かと凹むことはありますよね。でも、それをなかなかご自身のブログで書くことはしにくいでしょうから、端萬さんのところで吐き出しながら(笑)無理せず続けてくださいね。書きたい時に書くはワガママじゃありませんよ。「それがいい!」と思います^^。
 オフ会についてはまたいずれ♪
・・・また登場してしまって、すっかり希少価値がなくなっちゃいましたね(笑)






02-09 10:54
香○ @ocn.ne.jp
みっき~♪さん
 ん?私も「綺麗」に入ってるの?見たことないくせにー!(いや、見たら「(お金からまないのに)詐欺だ!」と言われてしまうかもしれない・笑)

 私は別に端萬さんがイケメンだから来たわけじゃありませんよぉ~。(そもそもイケメンかどうか・・・あ、ゴメンナサイ)記事に面白いものがあったからというのもあるけれど、コメされた時にとても丁寧にレスしているなと思っていたから。文字だけではコメ主の表情なんて見えないけれど、そういう部分まで想像して誰にでも時間かけて行間まで読んでレスしているように見えたからです。記事の中にはあまり読まなかったのも興味薄いのもありますよ。でもコメ欄に表れる端萬さんの人間性みたいなものに好感が持てたからです。(でも時々いいかげんにしたら?と思う事もありました。あ、またゴメンナサイ)


02-09 10:57
香○ @ocn.ne.jp
 みっき~♪さん、自分でポイ記事「担当」なんて言っちゃダメですよん。私は削除できたけどポイ記事だとは思ってませんよ。ただ、興味の対象が違う人にしたら、そうだったでしょうねというだけ。だって「自己満足」はしてたんだもの(笑)。上にあるコメントと矛盾するように思うかもしれないけど(笑)


いもだん子さん
 お久しぶりです♪スッキリ眠れていて良かったです。お手数なんてことはありませんよ^^。興味を持っていただけるのは嬉しいことですから。(すみません、急に削除しちゃったものだから・笑)
 香○節なんていう、たいそうなものはないのですが、私は批評や感想を書くことの方が難しくて。でも、気持ちを文字だけで表現するのもやっぱり難しいですよね。私はどうしても簡潔には書けずにまわりくどくなったり、長くなってしまってドコがポイントかわかりずらくなりますし(^^ゞ






02-09 10:59
香○ @ocn.ne.jp
 出没は、離れるとなかなか難しいのでココでこっそり?にしておきますね(笑)
 私は元気にしています。いもだん子さんもいつまでもお元気で人生を楽しんでくださいね!ブログも!


 さてと、端萬さん。私には「そう?」と思うような意見もあるので私なりの考えを書きたいところなのですが、ここまで書くので今日は精一杯(^^ゞ 一度離れるとコメに時間がかかるかかる・・。また改めて書き込みに参ります!(50コメ近いから遠慮してたけど、もう一つできたみたいなので。もしやアレは私のせい?・笑)
 caskさんの件から離れたコメをしてしまってすみません。ちょっと三人の方へのレスの場として使わせてもらいました。

 そんなわけで・・・次回を待て!
 (いえ、待ってなくても来るけど・笑)




02-10 10:43
端野 萬造
>香○さま
 意見を書きいれないとワタシの意見がマイとかち全体の意向になるなんて、絶対思いませんからぁ。でも違う意見は大好きなんで是非カキコしてくださいましな。くすくす。(←このくすくすはあなたに向けたものではありません)

 そう、本来であれば、ファンの多いcaskさまや久々の香桜さまご登場なわけですから、もっと早くにコメント欄が一杯にならなければオカシイ。そうならないのはワタシの不徳の致すところであるな、と反省しております。

 登録ユーザー、非登録に関わらず、お二人を待ちわびていらっしゃる方が多いはずなので、コメント欄を完全公開している「端萬記」の意味があるのですけれど。それが生かしきれていないという(苦笑)。

 せっかくですから、お気づきの方には気軽にカキコしていただきたいな、と。じゃないとこれhttp://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&blog_code=301アゲた意味がない。






02-14 00:14
cask @plala.or.jp
何となく呼ばれた感がありましてお邪魔します。

神様には私、どう足掻いても敵わない事を知らされた昨年9月より、出あい系マイとかちを離れて(強制的に)早5ヶ月。

出あい系マイとかちにて良い出会いが無いままに、志半ば強制停止という処分をいただきました。
その際には、皆様にご迷惑をお掛けし、そして励ましのメールなど有難う御座いました。

本名齋藤正雄25歳厄年は「齋藤」の苗字を「斉藤」と間違われながらも何とか頑張っております。

マイとかちより追放された今、出会いの場を、ミニバレーに移そうかと悩み中であります。
ミニバレーには沢山の主婦の方がいらっしゃいます。
そこで、色々な出会いも多いと聞きます。

出会いを求めて、何とか生きておりますとのご報告です。

出来る事なら、此処にレスしてくれている皆様に、問い合わせナンパメールをしたかった。無念です。




02-14 06:36
端野 萬造
>caskさま
 「まんへり」に登場されたのが最後ですから、4ヶ月ぶりのご登場ですね。あの時は「○○さん事caskですが」さまでしたが。http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&bbs_code=352&res_code=560

 ご降臨いただけたこと、ワタシばかりではなく美人caskマニアさまたちを始めとする多くのファンにとっての喜びでしょうね。「あぁ、生きていたんだね」、と。「まんへり」にこんな声も。http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&bbs_code=352&res_code=826

 齋藤は齊藤とも間違われますよね。ここらへんに拘るのがcaskさまっぽいという。あはは。

 ミニバレーね。悩むお気持ちはよおおく理解できますけれど、どおなんでしょ。やはり貴殿にはスケート教室に子どもの引率で現れた美人主婦がお似合いかと。高級スラップスケートが決め手となるでしょう。




02-19 21:02
cask @plala.or.jp
毎度どうも!
此処もこのまま放置しないでレスするように言われました。

caskマニアなんて居ないですよ。
萬造マニアでしたら、私が自ら挙手いたします。


これマジレスなんですが、莉緒様連絡もらえないでしょうか。私がここでやりたかった、出あい系ではありません。画像の件で。

出あい系マイとかちで、実際に出会えたのは萬造さんでした。しかし、萬造様とはあまり進展が無かった・・・

これで、萬造、ホモ疑惑は浮上ww

実はサイトウは2種に分けられるんはず。
齋藤(旧)→斎藤(新)
齊藤(旧)→斉藤(新)
私の齋藤は正式文書など以外では、斎藤と略しておkなんですよね。

スケート教室は終わりましたし、スケートは子供に教えるものであって、お母様と話をする事はあまり無いんです。
確かに高級スラップではありますが、そんなんで不倫は出来ません。



02-19 21:17
cask @plala.or.jp
主婦は家庭まで壊そうと思わないと思います。
そういう面では、非常に魅力的(・∀・)ニヤニヤ
さて、萬造様に協力をしてもらって、マイとかち合コンを開催して下さい。

最近、一気に体重が増えましたんで、出あい系マイとかち合コンまでにスマートになっておきます。

「萬造杯マイとかち出あい大会」の開催を熱望致します。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(IT/マイとかちのこと)の記事画像
cask追悼/ついでに香桜一周忌
cask追悼/『マイとかちなるもの』の唯一・最大の犠牲者
世界の食べもの/道新日曜版の連載記事に若き端萬がハマった
同じカテゴリー(IT/マイとかちのこと)の記事
 人付合いは150人が精一杯/「生命的な情報組織」を読み解く2 (2012-10-21 16:20)
 ネカマのはじまりは土佐日記/「生命的な情報組織」を読み解く (2012-10-21 08:52)
 cask追悼/ついでに香桜一周忌 (2012-10-13 08:47)
 cask追悼/『マイとかちなるもの』の唯一・最大の犠牲者 (2012-10-06 18:34)
 マイとかちは誰のもの/無知蒙昧と蔑まれても (2012-07-30 05:42)
 端萬記は消えちゃうの? (2012-07-30 05:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
cask追悼・コメント欄
    コメント(0)