さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  その他北海道

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年11月17日

モン・トレゾールの味わいに十勝の古きよき質実剛健を見る

2008年5月2日(金) 09:25 ▼コメント(31)


 さ、やっと到達いたしましたの300記事。いやぁ、ここまでくるのにツラかったこと。ツラいんだったらやめりゃあいいんだけどね。で、なんでモン・トレゾールを、という理由はコチラかな。



東京・三鷹の森ジブリ美術館 の金属装飾品を担当された方が手掛けられたサイン。字体は小川尚子パティシエールが自らデザインされてます。カリグラフィー(欧州式書道)のギルドにも入ってるんですって!?


Mon Tresor(モン・トレゾール)
 ↑、最近マイナーチェンジしたホームページにリンクされております。「最新情報 トピックス」では北海道百科、ミセス、家庭画報に掲載された部分がお読みになれますよ。ぜひ是非。

 帯広市西1条南6丁目20番地 そば小川駐車場側
 ℡ 0155-23-6868  営業時間 11:00~17:00(月曜・祝祭日除く)
 日曜のみ店頭販売 11:30~(売切れ次第終了)

参考記事:
Rainbow diary/お誕生日です
↑コメント欄に尚子パティシエールがご登場。
日曜だけのシュー・ア・ラ・クレーム
こっそり販売のショコラ
シロガネーゼ利庵に帯広そば小川が挑む

 メインは小川家の家族ですら口にしづらいシューの宝石状態画像。





 モン・トレゾールさまではシュー・ア・ラ・クレームの前日と当日のご予約を中止させていただきます、とのことです。ご注意あそばされ。詳しくはまんぞうのへりくつNo.990 にて。なお、ミル・クレープは販売用ではございません、ご注意くださいませ。まんぞうのへりくつNo.993


こちらのが昔っから好きでしてね。GW中でしたら、ご覧になれますでしょう。見事な樹です

 たったお1人で業界注目のモン・トレゾールを営業されている小川尚子パティシエールは愉快そうにおっしゃいます。「もう、道案内にすっかり慣れちゃいました」
 ガトー(仏語ね)を作るのは勿論のこと、お電話から、接客から梱包や発送まで全てお独りでやられているんですって。「まだまだ、人を雇うまでにはなりません」

「西1条本通6丁目と7丁目の交差点東北角に『そば小川』があります。その建物の北裏が駐車場になってますので、奥の方まで入ってください。右手側に黒板が出ています。そこがお店です」


越しに見えますのがそば小川さま

 最近、札幌方面を始めとする地方からモン・トレゾールさまを目指してやってくる方が増えてるんですって。元々休日はそば小川さまを目当てにお見えになる地方の方が少なくなくて、モン・トレゾールさまには「ついで買い」の方が多かったとのこと。


の時期に撮られた画像って、珍しいかと。ワタシこの記事アゲるのに何度足を運んだことやら



 マスコミやクチコミでの評判が高いものですから、こじんまりではあっても立派なお店を想像されているんでしょうね。ところがそれらしいものが全然見当たらないワケですよ。で、「皆さん不安そうな口調でお電話くださいます」と尚子パティシエール。

 さて、モン・トレゾールさまの店頭販売について、ワタシもあんまり実情を捉えておりませんでね。時折、シュー・ア・ラ・クレームを買うだとか、食べたいケーキやお遣い物を注文するばかりでお店で選ぶという感覚が全く無くてですね。今回開店直後にじっくり見せていただいた次第。

 バシバシ携帯で撮りまくるワタシを眺めてですね、尚子パティシエールはおっしゃいました。「あのー、ご紹介してくださるのはありがたいんですけど、あっさり、でお願いしますね」
 でもねぇ、300回記念記事ですからねぇ。無理だろうなぁ。


初めて訪れた方は一様に拍子抜けされる。でも、「変える気ありません」って尚子パティシエール


 開店直後間もなく、お客さまがお見えになります。まず第一のお目当ては、シュー・ア・ラ・クレーム。ある意味これは当然。限られた日曜日に帯広でしか手に入らない品なんですから。それをまずキープされてから、じいっと、机の上を眺められる。そしておもむろに「これ、どのくらい日持ちするんですか」



いつも同じというワケではありません。たまたま当日がこうであった、と。モン・トレゾール東京教室準備の後でしたので少なめ、とのこと


 毎週のようにお見えになるお客さまは男性が多いらしい。お味を評価して、というのはもちろんですけれど、作り手であるパティシエールとお話しができる、という部分が大きいと思います。ワタシ、偶然そういった方とご一緒させていただいたことがあるのですけれど、細かいことおっしゃってましたよ。「そこまで言うか」みたいな。そして愉しげなんです。

 それに尚子パティシエールはしっかり応えられる。それが嬉しいのでしょうね。意外とスイーツの作り手と意見交換できることってありませんから。六花亭さまや柳月さまでは全然考えられませんでしょう。なんたって、たったお独りで全てをやられていますから、開店中はガトーを作る作業は全く無理。ですから、接客に集中できるのですね。

 彼女の言葉には淀みというものがなくて、キッパリクッキリとした物言いをされますからね。それが心地よい。そして謙虚。当然、言葉は丁寧ですよ。それが慇懃無礼と捉えられてしまっている部分がないことはないのですよね、帯広市民には。

 過去においては師事した先生のアシスタントとして、現在では電話で直接注文を受けるために、東京山の手の奥さま、お嬢さまを相手にされることが日常茶飯事な尚子パティシエールにしてみるとその方々に合わせるためには当然の応対なんです。「お客さまで区別するわけにはまいりませんし」

 さて、少しくらいはガトーのこともカキコしましょうか(笑)。



同じものが新宿高島屋タイムズ・スクエアさまに並ぶんですよぉ。たったひとりのケーキ屋さんの商品が

 モン・トレゾールさまホームページのトピックス でご覧になれますけれど、昨年掲載された雑誌『ミセス』の企画でチーズケーキが選ばれましてね。帯広から毎日直送。高島屋さまは「送れるだけ送ってください!」状態なんですけれど、どんなに準備を進めても1日10台程度が限度なんですって。通常通りの仕込みですとか、お教室の準備を欠かすわけには参りませんしね。




このチーズケーキの割れ目に惚れこんでいらっしゃる方がとっても多いのよ。無 骨って感じでしょ



ワタシのイチオシ質実剛健のガトーバスク



切り分ける前につくづく眺めてしまうのですよね。早く口にしたい、でも食べるとなくなる、の葛藤



アーモンドパウダー入り生地のザックリ、ラム酒入りカスタードクリームのみっちり


 スイーツなのに甘さ控えめ、がなぜか支持されてしまうのって、どうしてだと思います? ワタシ思うのですけれど全般的に甘さの質が低下しているせいじゃないかと。


 あるところで、シュー・ア・ラ・クレームやワッフルを購入しましてね、味わってみたことがあります。地方なんですけれど名前が出始めているお店です。でも、どうも味わいが物足りないんですよ。甘さに伸びがない。ワッフルのクリームにいたっては全然駄目。一緒してたエージェントさまに訊いてみました。「モン・トレゾールのカスタードと違うのはどこだろう。お砂糖?」

 答えは簡単でしたね。「卵と牛乳の質が違うのよ、ワッフルはエッセンスを遣っているせいね」



さ、お待ちかねのシュー・ア・ラ・クレームでございますよ。とてもしっかりしたカスタードなのですけれど、自重に耐えかねてジワリジワリと垂れていく。当然、ワタシはお皿を舐めました。


小麦粉、卵、牛乳。この三点の質が率直に問われるのがシュー・ア・ラ・クレーム。帯広でしか味わえない、口福。とはいうものの・・・


本来は材料選びの試作品としての存在。売るつもりはなかったのですって。ですから、モン・トレゾールのお名刺代わり。ずいぶん美味しいご挨拶


 うむむ。素材をあまり重視しない(コスト的に出来ない、か)お菓子作りが広まってしまったせいで、甘い=不味い、という図式を無意識のうちに消費者が持ちつつあるのかな、と。


 健康、という問題を除外すればエッセンスを使おうと化学調味料を使おうと美味しければ、いいんです。むしろ、低価格で消費者を満足させることができるのであれば、それは職人の技術というべきもので評価される。

 無化学調味料、であっても美味しくなければ意味はない。本来は化学調味料にしろ、エッセンスにしろ代替品です。コストという面だけではなく、乏しい技量を覆い隠すという側面がないわけではない。

 いい素材は高い技術があって、初めてその力量を発揮することができる。そして逆に、素材の持つ力以上の味は出せない。その厳然たる事実を尚子パティシエールは修行時代につきつけられていました。日本国内において、良質な卵、牛乳、そして小麦。ガトーの基本要素ともいえる材料を生産者と対話しながら調達できるのが地元である十勝。ですから彼女は帰ってきたのです、職人として。



ケーク・オ・フリュイ、でございます。各種ドライフルーツをキルシュ(サクランボのスピリッツ)に3ヶ月以上漬け込みます


フレーズ、でございます。イチゴのブランデーにドライイチゴを漬け込んで


ポム、でございます。リンゴ(紅玉)をカラメル色に炒めのを使ってるんですって


 どれもまだ食べたことない(笑)



春夏秋冬、季節ごとにパンフレットとホームページ が更新されるのですよ。それと営業案内も随時。まぁ、こちらを眺めればワカルようなこと「端萬記」で述べてもショーガナイ、という。




お遣い物にするんで作ってもらった、ケーク・オ・シトロン。注文生産です。紅茶の香り、アーモンドの味わい、レモンピールの酸味と食感が愉しい


お渡しした時に驚かれました。「あ、おもーい」って。そう、みっちりつまっているからですね



お紅茶とレモンピールがたっぷり遣われているの、おワカりになります?噛みしめると幸せに


このラッピングもゼーンブ、尚子パティシエールが。この時で20組お願いしちゃいました

 そば小川を一度でも訪れた方ならオワカりでしょう。その店舗が持つ風格を。それは演出されたものではなくて、歴史が生み出したもの。酒、味噌、醤油を製造し、帯広で名家として知られた小川醸造の蔵がその出自にあるわけです。小川家の当主であり、そば小川の店主が尚子パティシエールのお父上になる。

 そのことをご存知の方はモン・トレゾールさまの営業を『お嬢さまのお遊び』としたり顔で評価されるのかもしれません。玄関先で、しかも机の上に商品をディスプレイし、日曜日にちょこっとだけ店を開けるなんて、まともな商売とはいえないじゃないか、と。

 そのことが帯広におけるモン・トレゾールさまの評価が一般的に高まらず、「知る人ぞ、知る」に留まってしまっている原因なのかしら、とワタシ思います。でも、「職 人」である尚子パティシエールはそんなことを全然気にしていない様子。「いいものを使って、いいものを作りたい」、それだけなんですね。これはもう、完全に小川家の、職人のなんだろうな、とワタシ思います。

 その姿勢、矜持が味に現れることで、評価はむしろ東京を中心とした地方で高まっているといっていい。かつて小川醸造が目指したであろう中央進出を尚子パティシエールが十勝の食材を遣った「スイーツ」という形で達成している、といえるのかも知れません。

 ワタシがモン・トレゾールさまのお菓子を味わうたびに感じる質実剛健は伝統的にものづくりに携っている家系の、いや、十勝の伝統的な職人の味わいなのでしょう。


 携帯でご覧の方、ご安心ください。「シロガネーゼ利庵に帯広そば小川が挑む」から、下のリンクにアクセスできますゆえ。

エージェントさまのお茶目なエピソードfromまんぞうのへりくつ
モン・トレゾール小川尚子パティシエールからのチェックfromまんぞうのへりくつ
そば小川での独り忘年会fromまんぞうのへりくつ
そば小川夜間営業の静寂fromまんぞうのへりくつ
そば小川の天婦羅fromまんぞうのへりくつ


コメント(31件)



05-06 20:07
cask @plala.or.jp
とある方より、見て書き込むように言われましてww

日曜にシュークリーム8個と、イチゴの焼き菓子、ジェンヌを買ってきました。
毎度行ける訳でもないので、買い溜めしましたね。

私、甘い物が好きじゃなかったんですが、それは美味しい物になかなかであえてなかったというのもあるようで。

モントレゾールサマにであってから、甘い物は嫌いではなくなりました。
結局は、モントレゾール様のものしか食べないのですがね。
あと、お酒に合うんですよね。
これ、非常にポイント高いです。
お酒のお供に焼き菓子。甘い物に興味の無かった私には、今まで想像もつきませんでしたね。
公私共によくしていただき、私の新たな食の世界が広がりました。



05-06 20:14
cask @plala.or.jp
ちなみに、日曜日の11時30分の開店時には、7、8人は並んで居ましたね。
途切れる事は無かったようで。全てを自分でこなすんですから、凄いことですよ。

で、萬造様。全くあっさりの記事じゃないですねww

尚子様のシュー・ア・ラ・クレームは、食べると濃厚ですが食べ終えるとあっさりしていて、まだ食べれます!という感じでしょうかね。

昨日と一昨日で食べたのに、また食べたくなってきましたww



05-06 23:27
cask @plala.or.jp
何度も申し訳ありません。

此処に書くと約束をしていて、書いてないとお叱りのメールが来ました。


近いうちに是非とも書いて貰いたい記事があるんですが。

『北村貴考察記』または『北村貴改造計画』。

現在、話題の北村貴を萬造が斬る!みたいのでも宜しいですし。

本人も絶対に見たいはずです!




05-07 07:51
端野 萬造
>caskさま
 お、兇状持ちの札付きがご登場。300回記念に相応しい。貴殿の黒幕がどなたであるのか、思いを巡らせましたが複数の関係者がいらっしゃるようですね。想像通りです。ワタシは恐ろしくて、とてもその輪の中には入り込むことは出来ませぬ。

 今回の記念記事。そう悪い出来栄えではない、と考えております。でも愛しい「神さま」からはブックマークいただけませんでした。いつも丹精込めた記事をアゲてはおりますが恐らく記事というよりも萬造の存在自体がお嫌いなのでしょう。「罪を憎んで、人を憎まず」とはなかなかならない。

 というよりも、マイとかちとして望んでいるものと「端萬記」は相容れない、という意思表示をされているのかも知れません。その逆風をついて、ブックマークしていただいた方には感謝申しあげたい。いつもありがとうございます。
(続く)




05-07 07:53
端野 萬造
(続き)←目測誤ってしまった(苦笑)
 それにしても大量購入されますね。でも、その買い方はモン・トレゾールさまにあっては珍しくないのかもしれません。ワタシの睨むところ、販売員一人当たりの販売額、という点においては六花亭さま、柳月さまには及ばないでしょうけれど、客単価という意味では十勝一かもしれません。時間当たり販売額でも上位でしょうね。実質営業時間が3時間ありませんから。

 ふうむ。お酒のお供に焼き菓子。「あるよ」のマスターも似たようなことおっしゃってました。ショコラにしてもそうですけれど、組合せの妙を楽しむことができると。あ、そうそう。貴殿とワタシの間にこのようなタチの悪い冗談が(笑)。http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&bbs_code=352&res_code=817




05-07 08:11
端野 萬造
>caskさま
 さて、ご提案の件でございますが。とても現在のワタシの手に負えるような記事ではございませんねぇ。少なくとも改造する必要は全くないのでは、と。それもさることながら貴殿の復活を望みますね、ワタシは。相変わらずエージェントさまも淋しがっております。

 行数が残りましたので、この記事に関する解題を少々。ワタシ、画像を大量に用意した記事は大抵そうなんですが、まず画像の並べ方を考えます。その流れに沿ってカキコするのが楽なんですよね。でも、今回の記事は全然それが上手くいきませんで、軌道修正を試みた結果でございます。結構行き当たりバッタリの成り行き任せ。それがまとまってくれた、というのが実体でございます。

 そう物事、上手く進むものではございません。ただ、普段の蓄積というものがあったればこそ、なんだろうなと。いっつもどうでも良いことばかり考えておりますのですね。でも最近それも枯渇気味です。






05-07 21:35
おさるのかぐや彩優木
まんぞう様が最初にあげた記事からずーーーっと食べてみたいなぁと思いつつ、いまだ念願かなっていません。

甘いものが苦手なcask様が食べられるスイーツなんてそれだけで凄く説得力ありますよ!

もちろん、本家のHPからも、この記事からも、その素晴らしさはひしひし伝わってきてましたが。

いつか絶対!モン・トレゾール様のシュー・ア・ラ・クレームにたどり着きたいと思ってます。お楽しみは後に取っておいた方がいいですからね。

凄く贅沢な悩みだとわかっているのですが、最近いろんな美味しいものを知ってしまうのも案外不幸なのかな?なんて考えたりするのです。普通のレベルのものを凄く美味しい!と感動できなくなってしまうのは人間的に不幸な気がして。

話しがそれてしまいましたが、やはりモン・トレゾール様のシュー・ア・ラクレーム、一度は食べてみたいです。
死ぬ前には必ず(笑)




05-08 06:59
端野 萬造
>おさるのかぐや彩優木さま
 死ぬ前には必ず、だなんて大袈裟でございます。尚子さまと彩優木さま、どちらの年齢が上なのか存じませぬけれど、そうお変わりはないでしょう。となれば、事故やご病気に気をつけられれば大丈夫。でも、人生何が起こるかワカりませんしね。行けるときには行っておいたほうがよろしいでしょう。ちなみにお茶目なエージェントさまは未だに買えていないご様子。やる気あるのかしら。

 そうねぇ。美味しさって複合的な判断に基づきます。同じもの味わっても、体調や感情や一緒する方によって印象が全然違うことはよくあります。「あれ、もっと美味しいと思ったのにな」

 もし、美味しいものが食べられない環境になってしまったら、なんて心配してもしょうがない。そういった状況になれば、どんなものでも美味しいと思えますから。人生をどう生きるか、楽しむか次第なのでは、と。大丈夫、不幸になんかなりません。ご安心を。






05-08 23:40
萬造フアンのcask @plala.or.jp
>>萬造様
300回記念でしたね。300回記念よりも尚子様の記事に飛びついた訳です。萬造様がモントレゾール記事あげたよって連絡くれる人も居るもので。
黒幕ってww
ご想像にお任せいたします。

今回の記事は、内容濃いですね、萬造様らしいかと思いますが。結構な時間を割いたかと思います。
もちろん中身は他のマイとかちブログに負けている訳は無いのですがね。神様は比較的グルメ記事には甘いようで、内容が薄い記事であってもソーシャルブックマークしてると聞きました。
萬造様の記事は、どうかんがえてもブックマークされないのは、萬造様のお人柄かとww

萬造様は次のポアの標的ですかねw その次あたりにK村T様がリストアップされない事を祈ります。

さて、であい系マイとかちをお楽しみの萬造様には、その後素敵なであいは有りましたでしょうか?






05-08 23:42
萬造フアンのcask @plala.or.jp
それから、私は復活は致しませぬ。
だって、ネ申様にポアされた訳ですよ。
そんな私が復活できる訳ないですし、今は傍目から楽しんでます。

SNS、馴れ合い、まさに言った通りになってきましたね。

ここ、連続書き込みできないんですね。120秒以上開けないと無理なのかな?
田代砲対策でしょうか。




05-09 07:24
端野 萬造
>萬造フアンのcaskさん
 フアンというのはファンじゃなくて不安なんでしょうね。なんとなーく理解できます。ワタシ自身、存在自体がとっても不安ですもの。

 この記事をアゲるためにパソコンで作業した延べ時間は、6時間を楽に越えています。行き当たりバッタリ、と表現はいたしましたけれど、それなりに考えますんで時間はかかる。構成流れを当初から考えておけば、そうはならないでしょうから、むしろ、というべきか。

 ま、時間をかけたからエライ、ってことではないですからね。神さまにとってエライのはアクセス数をとれるブロガーですし、「端萬記ファン」にはかけた時間など関係ない。「なんでもいいけど読むに価するものをアゲてね」

 であい系(笑)? 現在ある方からのコンタクトを待っているんですけど、反応の気配が全くない。愛情あるコメントしたんだけどなぁ。

 復活はどこでもできますって。マイとかち以外でも。






05-09 23:02
taka
さて、現在の「クビ!候補NO1」の北村貴でございます。

是非とも、次の記念記事には、
あたくしをネタに、萬造さまに書いていただきたいわ~。

なぜ、この女は、自由勝手できままに、
思ったことをすぐに行ってしまうのか?
この女はいったい何さまなのか?などなど・・・。

是非とも考察していただければ、
私も将来の自身について、大変な参考になることと存じますのよねぇ。

ご検討くださいましな♪

うふ。






05-09 23:24
みきお
★"takaさん

それは…読んで見たい…ボソリ




05-10 07:58
端野 萬造
>takaお嬢さま
 「クビ!候補NO1」でございますか!? ワタシはマイとかちにおけるその地位をどなたにも譲る気はございません。ワタシは「マイとかちなるもの」に対して常に抵抗の姿勢を明確にしています。それは「マイとかち健全化」に資する行動と確信しているからです。お嬢さまは失礼ながら、そのようなことはお考えではありますまい。「クビ!候補NO1」の資格はございませんよ。ほほほ。

 それにネット全体での影響力という意味において、お嬢さまが十勝随一の存在であることは異論ございませんけれど、マイとかち、という狭いコミュニティにおいては限定的な影響力に留まっている、というのがワタシの判断。だって、お嬢さま忙しすぎるもの。ですから、現状ではワタシが述べることはできませぬ。

>みきおさま
 最高のtakaお嬢さま賛美者である貴殿なら、ラブレターという形式で「みきおのtaka論」をすぐにでもカキコできるのではないかと。






05-10 10:18
萬造不安なcask @plala.or.jp
萬造様は風紀委員なのに、風紀を乱すと思われてる訳ですがww




05-10 10:28
端野 萬造
>萬造不安なcaskさま
 えー、よくあることじゃないですか。一番偉そうなこと言う奴が裏で一番汚いことするっていうの。そう思われても全然ヘーキでーす。

 残念ながらお待ちしている方からは未だシカトされてまーす。多分、ずっとないと思いまーす。






05-10 10:39
萬造不安なcask @plala.or.jp
1行で書き込んでしまいました。
普段書き込みませんので、使い勝手を忘れてしまいましてねw

北村貴考察記を是非読んでみたいですね。

その前に、であい系マイとかちですので、北村貴様に問い合わせメールでもしてみようかとw
萬造様が北村貴考察記を書いてもらう為に、という名目でですね。

モントレゾール記事、そんなにお時間掛かってたのですか。
萬造様の場合、適当にアップとは言いながらも、クオリティーが高い。
自分が美味しいと認めたものは、しっかりと読む側に伝えれる文章ですから。




05-10 11:21
端野 萬造
>萬造不安なcaskさま
 携帯版にはマイとかち「4つのお約束」というのがございましてね。そのトップが「当サイトはであい系サイトではありません。その様な目的ではご利用しないで下さい」と明記されております。

 貴殿の行動はワタシには一切関係ありませんので、ハッキリ申しておきますね。じゃないとワタシの存在がとっても不安どころか危険になってしまう。(今でも充分危ないか)

 takaお嬢さまをナンパして、マイとかちに結果として連れ込んでしまったと自負しておるワタシではありますが、正直彼女の全容はつかめていないんですよ。下手に扱うと大火傷するの目に見えてますのでね。今しばらくは考察記は難しい。

 文章評価していただいてうれしいんですけどね。一般的な読者の評価軸は違うところにあるようですね(苦笑)。ワタシからすると掲示板相当の記事でも、支持されているようですから。世の中ライトなのが好まれるんでしょう。



05-10 11:27
taka
クビ候補NO2の北村です。
(ノンポリなので、あっさりNO2になり下がります)


>えー、よくあることじゃないですか。一番偉そうなこ
>と言う奴が裏で一番汚いことするっていうの。
>そう思われても全然ヘーキでーす。


え~ぇ~?これって誰のことおぉおお??
萬造だったら、これのま逆だと思うけど(笑)

なんか、トラップが含まれているのか??


ナンバー2より。






05-10 11:31
taka
ナンバー2です。

>今しばらくは考察記は難しい。

お、とすると、
これは、次の記念記事あたりには、
書いていただけるお約束と考えてよろし?♪

もっと知っていただいて・・・是非とも改造提案を。
ま、表に見えている以外、意外となんもありませんよ私。


いたずら好きのナンバー2より。






05-10 12:05
taka
ごめんなさい、うっかりしておりましたが、
モントレゾールさんのシュークリームの大ファンです。

私の甥っこは、普段、本当にキカンボで傍若無人な
日々を過ごしておりますが、
私の手にモントレゾールのパッケージが握られている時だけは、

ものすごい勢いでやってきて、
「僕これ大好き~~~~」と。

アレルギー体質で、他店のシュークリームは、食べられないものが多いのですが、ここのはぺろりと2個食べる
3歳です。(本当に生意気)




05-10 13:24
お茶目なエージェント @ezweb.ne.jp
萬造様、突然失礼いたします。

私のエピソードまでリンクしていただき光栄な事ではございますが、真実は若干違っております。
私は「ついで」や「セレブ」という言葉は使っておりません。また、モン・トレゾールと間の点もきちんとつけて報告をしておりました。

しかしながら、それ以外は事実でございます…。

ダイエットで目標体重に達した暁にシュー・ア・ラ・クレームをと考えていたものですから、ようやく昨年末お伺いできたというのに私ったら…。
そして現在は再び増加しているという現実。
しかし、この記事を拝見しまして決意を新たにした次第!
(誰か目の前にあるピザを食べて…)

達成し、シュー・ア・ラ・クレームを味わう事ができましたら、再度ご報告申上げます。
今後も読み応えのある記事を楽しみにしております。このクオリティで300という数字が「さすが萬造様!」です!




05-10 23:02
端野 萬造
>takaお嬢さま
 お名前をtaka(No.2)に変えられたのですか!? 洒落がキツ過ぎますです。

 少なくともマイとかちの結構な部分のユーザーさまは、ワタシのことを「大悪人」と考えているはずですよ。だって、神さまにたてつく反逆者なわけですから。無辜なる神の正しいお子にしてみるとワタシなんぞはサタンの化身ですからぁ。「妄言を吐き、善良な者たちを悪の道にひきずりこむ」

 エージェントさまは、『魔女』ですわね、きっと。ちなみに「奥様は魔女」って番組ご記憶です? あの番組、結構好きでした。サマンサ役のエリザベス・モンゴメリーさまは綺麗でしたねぇ。

 次の記念記事はいつになることやら。気の長い話になりそうですけど、それまで残っていられますか? おほほ。

 それにしても、3歳児であのシューを2個も食べちゃうの!? とっても贅沢。先々苦労しないように、おばちゃまがしっかり監視してあげないと。






05-10 23:13
taka(No.2)
そうなの、あのシューを2個も食べちゃうの。

しかもパティシエールは涙しちゃうかもしれないのですが、
彼の中にはルールがあるらしく。

1個はそのままで
1個はちょっとつぶしてみて食べるっていうのが
好みのようです。不思議~。

3歳くらいから、舌を鍛えるっていいよね。
(というか、舌を大切にするっていうほうが適切かも)


追伸:なんで大悪人なのか、意味がわかんなーい




05-10 23:19
端野 萬造
>お茶目なエージェントさま
 いつかコメントするわっ、っておっしゃってましたけれど、本当にされたんですね。虚を突かれてしまいました。

 まぁ真実にこだわったところで、どなたもあなたのことをワカらないわけですから意味ないじゃないですか。オカシな方ですねぇ。いいのよ、ワタシと読者さまが「まんへり」で楽しめられれば。駄目?

 あなたの目標体重をワタシは存じませんけれど、達成できましたらご褒美にシューを買って差し上げてもよろしいですわよ。あ、それじゃ意味無いのか。あなたは尚子パティシエールさまにお会いしたいのですものね。眉毛をちゃんと書いて。

 ご報告、お待ちしておりますわぁ。

 でもさすがエージェントさまですね。そうなのよ。300記事ってのは結構思い入れがあったのに、どなたも突っ込んでくださらなくて。たった300だけどさぁ。他の誰よりも濃い300だと自負してますゆえ。ありがとう、うれしかった。




05-11 00:14
端野 萬造
>taka(No.2)さま
 ちょっと潰すって、どのくらいなのかしら。どうやって潰すのかしら。カスタードがはみ出るくらい? おもしろい美意識。まさに子どものやることは謎。

 え、大悪人だよ。だって文句ばっかカキコしてるって思われているんだもの。

http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&bbs_code=352&res_code=515

http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&bbs_code=352&res_code=556

http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&bbs_code=352&res_code=557

 だけどこれだけ邪険に扱われてさ、よく残っていられますよねぇ、ワタシも。つくづく丈夫だよなぁ。でもね、スッゴイ哀しくなったのよ、これ読まされた時には。今でも読み直すとツライ。吐きそうになるもの。この時はワタシを支持してくださるかたもいましたので、なんとかもったのですよ。はあ、ツライ。






05-19 18:12
がぁ
こんにちは。
実はコメントするのは3度目かと思います。
以前PASTAの記事でリンク頂いた者です。

マイとかちトップページでシュークリームの記事がリンクされていたので、再度こちらの記事を見にきた訳ですが、この記事の方が充実しているのにブックマークされないのですね。もったいない。

管理人さんにブックマークの選択理由を問い合わせした事があります。名目は理解できるものでしたが、実態は本人の気分次第なのかなぁ~と。

外部サイトをリンクするより、内部サイトを盛り上げた方が良いと思うのですがね。。。

突然なうえ変なコメントですね。失礼しました。




05-20 05:15
端野 萬造
>がぁさま
 うふふ。某所でもご一緒させていただいてますよね。ブログは玉石混交ではございますけれど、やはり価値あるものはそれなりに評価される、ということですわね。それがなくともやってはいけますが、あればあったでやはりうれしい。「まんへり」でも述べました通り、「よい書き手はよい読み手」。

 ブックマークはユーザーであれば、「する権利」は与えられるわけですわね。理由の如何を問われませんので、「アゲたいものをアゲ、アゲたくないものは無視する」だけのこと。

 ブックマークのうち、ほとんどはクマウザーさまがアゲているわけです。まぁ、ほっておけばブックマーク欄にウゴきがなくてツマラなくなる、という表向きの理由は存在するでしょう。ただ、どういった記事をブックマークするかは、あくまでクマウザーさまの意志に任かされているということです。好き嫌いはあるでしょう。当たり前のことですわね。
(続く)




05-20 05:32
端野 萬造
(続き)
 クマウザーはあくまでユーザーとしての資格であって、管理人とは違うという「言い訳」は用意されているでしょうけど、マイとかちユーザーの大部分はそうは思っていない。「クマウザー=管理人」というのは既定の事実。それが及ぼす影響について十分理解したうえで、クマウザーさまはブックマークされている。

 つまり、「こうした記事をマイとかちでは歓迎します」ということ。同じ題材同じ店について取り上げても、クマウザーさまは決してワタシの記事をブックマークされません。それは「記事の善し悪し」ではなく、「端萬記」の存在自体が気に入らないのでしょう。「アンタを認めるわけにはいかない。無視するだけでも感謝して欲しい」

 ブックマークされると明らかにアクセス数が上昇します。それを気に入らず、恣意的に他の記事をブックマークする手法もあるようです。昨日もありました。

 ご意見、感謝します。今後もご贔屓に。






05-20 08:07
がぁ
> 昨日もありました。

珍しくトップページに萬造さまの写真がブックマークされている?!・・・あれ?消えちゃった。早いな・・・今度は記事がブックマーク!・・・あれ?もうない?・・・と今見てきた所ですが、よくよく見ると管理人さんがブックマークではなかったのですね。改心したのかと喜んでいたのに。

> ブックマークされると明らかにアクセス数が上昇します。

ハイ。上昇しました。怖いくらい(笑)それで問い合わせしたのですが、これがなんとも・・・(悩)・・・萬造さまも大変な訳ですね。外部サイトからブツブツ言いながら応援してます♪




05-20 08:27
端野 萬造
>がぁさま
 いただいたコメントに大笑いして、記事をアゲるタイミングを逃してしまいました。本来新記事は8:10にアガる予定でしたのに。しかし「改心したのか」とは。

 恐らくですネェ、マイとかちブロガーの一部には、「端萬記」はなかったことにする、ですとか、見せないようにする、という動きをされる方がいらっしゃるようです。

 昨日もエージェントさまからご注進がございまして、「なんか虚しい行動をされてますよね」と。ワタシの返答は「今日に始まったことではないし、自分を追い詰めるのがお好きなんでしょう」と。

 外部サイトの方の応援って、とっても有難いんですよ。ニュートラルな視点で評価していただける、だけでもうれしい。批判されると反論できるからもっと、うれしい。あはは。

 孤独感はありますけれど、もう慣れました。それが長く続けていける秘訣なんでしょうね、きっと。
  


Posted by きむらまどか at 07:47Comments(8)デザートと酒と/喰全般

2012年06月10日

君知るや十勝産グリンめんが釧路で圧倒的人気という事実を

2007年6月8日(金) 07:00 ▼コメント(13)

 家庭画報がですね、発売中でありまして、北海道特集「北海道の話題を旅する 北海道浪漫の大地に憩う」 が組まれております。そのスィーツ特集の中でトップ扱いなのが、モン・トレゾールさまなんですねぇ。

 御用とお急ぎでない方は、是非是非ご覧(お買い)になってくださいましね。





田村製麺工業 ゆきわグリンめん

 参考記事

新・日常的ヘンテコ道カタログ:グリン麺


 メイン画像は、茹で上げ冷水もみ後のグリンめん






最高級品グリンめん



 グリンめん 。北海道内の方なら、店頭でご覧になったことあるンぢゃないでしょうか。この商品に関して、ちょっと、興味深いハナシを小耳に挟みました



お召しあがり方



 商品自体はですね、なんのことはない、クロレラ配合のひやむぎなんですよ。ま、クロレラ自体は食味ですとか、食感に影響与えるものではございませんわね。




この、広告っぽいでせう




本当の色合いは是非現物でご確認を




あ、海苔がコボれてる



 で、このグリンめん。類似品は多数あるンですよ。低価格品で「グリーンめん」とかいうのは見かけるハズです。カワンないように思えますけど、「グリンめん」が市場で強い。高いのに、売れる。


 ちなみにワタシ、今回はプライス99さまで購入。いちわ104円でございました。ひやむぎ、としては高めの値づけでございましたね。同じ価格で、他の商品でしたら、もっと量の多いのあるんですが。



内容物説明



 しかも、釧路地方で特に強い。地元十勝ではないんですって。この理由はなんなんでしょう。聞くところによると、釧路ではかなりのお店に置いてあるんですって。釧路港発の遠洋漁船にも必ず積まれているというウワサもございましてね。


 ちょっと考えてみました。なぜ、釧路の人はグリンめんを愛好するのか。

 それで思い当たったのは、釧路というか北海道・蕎麦の老舗:東屋総本店竹老園 さまのこと。

かりんのひとりごと:釧路の蕎麦は緑色


 いわゆる東屋系列のお店は蕎麦に抹茶を練りこんだ「茶蕎麦」が多いンですね。ラポロ(浦幌)のかし和家さまとか、江戸東帯広店(西24南2)あたりが、その系列に属するハズ。

 もう、釧路あたりになるとソコラ中、東屋のお弟子さんなワケですよ。となれば、茶蕎麦の比率は必然的に高まって、蕎麦といえば「緑」色が普通なんですね、キット。

 ですから、麺に関して緑色というのは馴染みなんですよ。

 それで、緑色の冷麦をいち早く始めた「グリンめん」を受け入れるのに抵抗がなかったンだろうなぁ、と。だって、蕎麦の乾麺に緑色のございませんでしたし。(←実は新製品グリンそば発売中です)

 てなワケで、数十年にワタって、釧路の住民は「グリンめん」にヤラれてしまって、他の「グリーンめん」には目もくれないという状況に至ったのではなかろうかと。

 ちなみに我が家の定番ひやむぎは十勝新津製麺さまの「手延べ冷麦・丹頂の舞」でございます。量販店には出ていないシロモノでして。これに慣れると他のでは物足りません。


コメント(13件)

2007-06-08
いくぽん @plala.or.jp
グリンめん・・・父方の祖母の家に遊びに行くと
よく茹でてくれましたねぇ。
釧路で人気とな?初耳です。
早速、今日の昼ごはんに・・・
息子が試験中で、午前で帰るので(・∀・)
ホントに影響されやすい私


2007-06-08
cask
これ、初めて知りましたな。
昔、友達の家で食べたヤクルトラーメンなる( ゜Д゜)マズーな物を思い出したのですか、お味はどうなんでせう?

そそ、釧路の蕎麦。
しかも、釧路に行くと東屋だれけでねぇ。
昼飯は東屋で待ち合わせなんか安易に出来ないww




2007-06-08
端野 萬造
>いくぽんさま
 今日の昼食、ホントにグリンめんにされたのですかぁ? 冷やし中華っぽく使われる方もいらっしゃるとの由。

>caskさま
 インスタントのヤクルトラーメン、ございましたね。確かに緑色のメンでございました。翡翠麺というヂャンルはございますけれど、それはホウレン草を練りこんだ麺。

http://www.mytokachi.jp/mt.php?id=kabamaru_7&blog_code=32

 帯広ではこだま(西3南1)で扱ったことございましたけれど、今はドウなっているやら。

 釧路は東屋さまのルツボでございますればぁ。

 これから、ワタシのブログ第一期終了の前祝いでございます。明日の記事アゲられるのだろうか。



2007-06-09
かりん @infoweb.ne.jp
リンクありがとでした(o_ _)o))ペコッ
釧路のお蕎麦は抹茶ではなくクロレラみたいですよ^^
ここで紹介されてるグリン麺と同じです。
そしてグリン麺のこと初めて知りました~!
今年の夏はグリン麺でひやむぎ食べてみよ♪




2007-06-09
端野 萬造
>かりんさま
 あはは、コチラにまでお見えいただいたんですね。ありがとうございますぅ。ヘンな記事で驚かれましたでしょう。

 そう、釧路の緑色の蕎麦に関してはクロレラ入りが多いのでしょうかね。色んな方の記事を読んでもそういった記載が多かったですね。

 ですが、東屋総本家竹老園さまは抹茶入りのようなんで、本家を尊重することにいたしました。「茶そば」をご参考に。

http://www.hokkaido.doyu.jp/kushiro/kushiro-hp/kushiro-hp/sobabunka/sobabunka08.htm






2007-06-09
「かうかう」のいもだん子
の場をお借りして

歴史が深い田村製麺工業さんです。

こちらでも、「グリンめん」をお取り扱いいたしております。

http://shimizu-furuchoku.com/


ありがとうございました。




2007-06-09
端野 萬造
>「かうかう」のいもだん子さま
 どういたしまして。




2007-06-10
zawa* @bbtec.net
そうそうそうでした!
釧路に祖母が住んでいたので、よくお蕎麦を食べに行きましたあ!
緑だった・・・
でも小さいころから行っている「あず●●」さんが
緑なので、よそに食べに行くとき、麺が緑以外の色だと何だか変なんですよ~
「ほんとに蕎麦か?」って。
蕎麦だっつ~の~!
ちなみにクロレラ入りのラーメンありますよね。
タレが美味しかったらもっと買うのにな~くらいの印象ですが・・・お値段高めですよね。

記事の更新、待っております♪
でもでもあまりご無理なさらないでくださいね。




2007-06-10
端野 萬造
>zawa*さま
 やっぱり釧路関係者にとっては、蕎麦は緑なんですねぇ。おそらく、帯広関係者にとっては、食パンは角食(カクショク)ではなく、本食(ホンショク)であるのと同義。

 食、というのはホント地域に根ざした文化なんだよなぁ、と実感できますネェ。

 クロレラ入りのラーメンは、ヤクルトラーメン以外は知りませぬ。あれはインスタントでしたから、価格はそんなことナイはずですけど、他にもご存知なんですかぁ?

 更新ねぇ。できるだけ早くしたいんですけど、休み癖ついちゃいますとねぇ。それにさ、久方振りにアゲるとアクセス全然こなくて、いやンなってしまう、という事態も起こりかねないし。

 そして、恐らく予想通りになるという。






2007-06-17
おきがる
萬造さま
こんばんわぁヾ(≧∇≦)〃

おきがるは、昨日から厚岸に行っておりました。
潮干狩りです(⌒^⌒)b

きっと、こっそり おきがるのブログ読んで
・・・・ないかな?(ゲラ)

昨日の昼食は釧路のお蕎麦屋さんに。
お蕎麦は、緑色の麺でした

思わず、冷麦ぢゃないけど
萬造さまの
『グリン麺』を思い出してしまったわ~( ̄▼ ̄*)ニヤッ




2007-06-18
端野 萬造
>おきがる姐御
 日焼け&虫刺され、今日のお仕事は気が重うございましょうねぇ。ワタシはこっそり見たりしませんよぉ。ちゃあんとログイン状態で訪問してますほどに。

 ぃやっぱり、釧路のおそばは緑色でございましたでしょぉ。あれに慣れてしまうと蕎麦粉色のおそばでは、物足りなくなってしまうんでしょうかねぇ。

 さて、caskさまはアサリパスタを作ってくれますでしょうか。

 ワタシの公開(後悔?)掲示板アゲテおります。意外に気付いていないのか、アクセス数のワリに閲覧伸びませぬ。

 短くて、読みやすいよぉ。






04-25 08:20
くしろう
おはようございます。
度々すみません、

http://blog.livedoor.jp/haraguro310/archives/51178861.html#comments

今度はコチラで記事を引用させていただいてます。
宜しくお願い致します。




04-26 06:58
端野 萬造
>くしろうさま
 ああ、そうだ。ワタシの記事では帯広の東屋さまのことをすっかり忘れておりましたね。何度も食べていますのに。

 きちんとコメントも読んでいただけると、なるほどねってことが増えるのが愉しいですよね。ワタシのほうこそ、引用ありがとうございました。

 ライブドアブログの自動アップって機能はなかなかユニークですけれど、ワタシには意味がないかも。だって、記事が間に合わないんですもの(笑)。
  


Posted by きむらまどか at 08:29Comments(0)デザートと酒と/喰全般

2012年06月02日

飲んだ? FantaR18/ワイルドでいこう!

2007年5月30日(水) 06:15 ▼コメント(7)

 昨日は鬼のようなアクセスを頂戴いたしまして、ありがとうございました。2日続けての最高アク更新でございました。恐らく今後この自己記録更新はなされないだろうな、と。

 昨日アクセスが膨らんだ要因に、このブログのある記事のアドレスが、2チャンネル『帯広まちBBS』に掲載されたことがあげられます。そのついでに「このブロガー(ワタシのこと)の書く文、センスないなぁ・・・・どうでもいいけど」とのコメントが寄せられておりました。

 久方ぶりにキッツイご指摘でございましたね。反論の余地はございません。というワケで皆さまにご迷惑をお掛けせぬよう、当分の間、非掲載はぐれ狼スタンドアロンで続けましょう。お好きな方のみドーゾ。

 そういった記事が6/9まで、コソコソと。



 炭酸飲料Fanta R18

 参考記事
ワイルドな成分と炭酸の強い刺激で気分をチャージ!ハイティーン向け「R指定」炭酸飲料、解禁!「ファンタ R18」

narinari.com:コカ・コーラ初のR指定ドリンク? 「ファンタR18」を発売。

 メイン画像は挑発的なパッケージ。





 プライス99さまだったか、BIGテキサスさまだったか、忘れてしまったのですけどね、いずれにしても100円未満だったので、2本購入してみました。今はもう昔、2ヶ月以上も前のことです。明らかに在庫処分価格ですね。





 ファンタとは思えぬ、強烈なパッケージですねぇ。R18(18歳未満制限)ではありますが、誰が買っても文句言われぬハズ。



ナンカ効きそう


ガラナが見当たらない



R指定でございますればぁ




まさに、オロナミンCっぽい色



もう、買えないでしょうね



 お味はですね、「これはファンタぢゃな~い」と顔をしかめたくなるような味でした。要するに、オロナミンC系の味なんですよぉ。コカ・コーラ系列でしたら、リアルゴールドですね。


 高校生がオロナミンCを2本イッキのみをしている光景から、サントリー・デカビタCが開発された、というのは有名ですわね。根強い人気のファンタブランドを使って、そういった若年層にアピールしようとしたんでしょうがねぇ。

 やっぱりファンタにはウソンコでもフルーツの味が似合うンですね。

 記録としてアゲた記事でございましたよ。炭酸好きな次男(当時小1)は喜んで飲んでましたね。

 では、これからゴルフの打ちっぱなしに出かけてまいります。ホント時間が足りないのよ。


コメント(7件)


2007-05-30
おさるのかぐや彩優木
ちょっと懐かしいかも?(笑)
もう売ってないんでしたっけ?
清涼飲料水業界はほんとにめまぐるしく商品名が変わりますよね~。
中身は案外変わってないような気もするんですが・・・

個人的には無糖の紅茶類(ミルクティーとか)をどこかで出してくれないかなぁ?といつも思ってます。
市販の飲料水ってまだまだ甘いのばっかなんですもの。
コーヒーの無糖があるんだから紅茶の無糖もあってもいいと思いませんか?技術的に無理なのかな?

私は毎日「ヘルシア緑茶」炭酸は飲みません。
もう少し安いと嬉しいんですけどね。




2007-05-30
端野 萬造
>おさるのかぐや彩優木さま
 ええっと、たった今帰ってきました。これから着替えて出勤ですぅ。

 多分もう、売ってないでしょうね、少なくとも帯広では。野心的な製品だったんですが。紅茶の無糖はワカんないですねぇ。ジャワティーは紅茶とはいえませんし。

 技術的、というより需要の問題なんでしょうか。

 毎日ヘルシア緑茶ですかぁ。それは大変。ワタシは30分の運動と水道水でよろしいですわぁ(笑)。



2007-05-30
いくぽん @plala.or.jp
息子がプラ9で先月までバイトしてまして、
写真を見せて「これ、知ってる?」と聞きましたら
「ああ、ぜっんぜん売れなかったやつね」と。
これでファンタの名を語るのは・・・みたいなことを
申しておりました。
ただ、やはりコドモは珍しがって
結構買っていったようです。

私も炭酸は苦手なのでこういう飲料水は
ほとんど飲みません。
無糖のミルクティー、確かに。出してほしい・・・





2007-05-30
ナナ
炭酸系のジュースをほとんど飲まないので
見たこともなかったです。

でも、イメージ的にオロナミンCっぽぃ
とあると不味くはないのね??
・・・と思います。

うちの長女は好きだと思う・・・
ケド、もう売ってないんですよね???




2007-05-30
端野 萬造
>いくぽんさま
 ワタシ強烈な炭酸というのは、好きなんですよ。今までも、強炭酸をウリにした清涼飲料水は試してます。普段は全然飲まないンですけど。

 ところがコイツは炭酸以前の問題でして。ファンタに似つかわしくない味、という息子さんのご意見、同感です。

>ナナさま
 オロナミンC、お好きなんですか? 確かに栄養ドリンクもどき、と思えば不味くはありません。ファンタの名前をつけているから問題のなのでしょうね。

 最初は珍しがって買っても、リピーターが付かなかったンでしょうね。まぁ、この世界せんみつ(←せんだみつおではありません。千に三つ)といいますしぃ。



2007-06-10
お多福饅頭 @unknown
 懐かしい! まさかここで思い出すとは。
 ファンタはとりあえず新商品が出たら欠かさず飲んでます。
 R18、コンビニで初めて見かけたのですが、コンビニは高いのでそのうちスーパーで購入するかと思っていたら時期を逃して、もう飲めないんじゃないかと思ってました。
 後日、東京ビッグサイトの近くの自販機で発見したときはうれしかったです。

 確かにこれはファンタという名前で出す必要はなかったかも。
 台湾にはファンタ乳酸なんてのもあって知識は事前に得ていたのですが、台湾桃園国際空港の自販機で実際に見つけました。もちろん購入したのは言うまでもありません。もう2年も前の話ですが。



2007-06-10
端野 萬造
>お多福饅頭さま
 あはははははは。清涼飲料水というかファンタにも造詣が深いのですね。サスガ、でございます。参りました。

 しかし、自販に入る地域もあったのですね。定番しか難しいンぢゃないかと思ってました。

 しっかし、台湾に「ファンタ乳酸」ですかぁ。炭酸は入っているんでしょうか。炭酸入りヤクルトってものがあったとしたら、結構エグイものがございますぅ。

 でも、この記事アゲといて良かったなぁ。
  


Posted by きむらまどか at 09:11Comments(0)デザートと酒と/喰全般

2012年05月13日

八丁味噌プリッツで端萬唸る/味覚の地域性について一寸考える

2007年5月13日(日) 08:30 ▼コメント:5件

最近食べたお菓子について教えて下さいに対する回答です






 愛知県限定グリコ ジャイアントプリッツ<八丁味噌>

 参考記事でぇす。

ごんたのお気軽トレード:NHK『純情きらり』のロケ地散策

グリコ:ジャイアントプリッツ<八丁味噌>

ウィキペディア:八丁味噌


 メインは、ジャイアントプリッツ<八丁味噌>スーパーマクロ画像。長いねぇ。






ポテロングとの比較
ちょうど、ポッキー系無くって



 地域限定ポッキーとかプリッツってよくあるぢゃないですかぁ。お土産屋さんにある、ジャイアント、っていうでっかいやつ。北海道 でしたら、『ジャイアントポッキー<夕張メロン><』、『ジャイアントプリッツ<>』(←コッチは知らなかった)ですとか。


箱の全景


 最近、賢夫人のお弟子さまから頂戴したのは愛知県限定『ジャイアントプリッツ<八丁味噌>』 愛知県岡崎名産八丁味噌を使用した、八丁味噌独特の甘辛い味付けのジャイアントプリッツです。(下線部グリコNETショップ:愛知県限定商品より)



個性派がクセものなのか


 これがですね、賢夫人と子供たちにはなぜか不評。確か味わったのは2回目ですから、ホント駄目なんでしょうね。「あなた、食べたかったから全部イイワヨッ!!!」と御下賜くだされたワケです。




JR NAGOYA TAKASHIMAYA にて購入





 ワタシが味わってみますとね、決して悪くないんですよ。八丁味噌(原料供給元は宮内庁御用達のカクキューさま)の濃厚な味わいがしっかり感じられるプリッツなんです。



原材料



ココがポイント


 ワタシ、どっちかっていうと濃厚な味を好みます。基本的に舌が単純なんでしょうね。肉体労働者的っていうか。ですからね、八丁味噌のお味好きなんですよ。味処駒さまの味噌かつ丼もすんなり美味しいって思えてしまう。


箱ん中にはコレが


 ところが北海道には、八丁味噌駄目な方多い。というか、東海地方が独特なんでしょうかね。基本的に北海道・東北の味噌は大豆と米を発酵させた米味噌が主流ですから甘いのに慣れてる。



 一方、八丁味噌は豆と麹で作ります。いわゆる豆味噌ですから渋くて辛い(しょっぱい)。熟成期間が長いですしね。その分旨味が増してるンですけどね。


 この独特の八丁味噌が、味噌かつ、味噌煮込みうどん、味噌煮込みおでん、等々「な~ごや、だぎゃぁ」の名物料理の根本になっているというわけでしょう。





この画像が端萬




 さて、このプリッツの原料供給元の『カクキュー 合資会社八丁味噌』 さまは、昨年のNHK朝のテレビ小説「純情きらり」のモデルになった企業なんですってぇ。ワタシ、一度も観たことありませんでしたけどぉ。

 ということで、ワタシは残り少なくなってしまった八丁味噌ポッキーを肴に、朝ビールとでも参りましょうかネェ。



コメント(5件)

05-13 13:27
いくぽん @plala.or.jp
食べてみたいような、
ちょい、怖いような・・・

05-13 15:12
おきがる
かなり興味ありです
八丁味噌ポッキーの味( ̄▽ ̄)o0○ ポアン

そのポッキーを肴に、朝ビール飲んだのかしら?

05-13 19:38
お多福饅頭 @unknown
 一番上の写真、言われなければこれがポッキーとは気づかないですねー。洋菓子っぽく見える。
 パッケージにJR高島屋のロゴが入っているところを見ると、そこでしか売ってないのかな。
 食べたことあるような気もないような気も…。同様に貰い物だったと思います。

05-13 19:39
お多福饅頭 @unknown
↑一番上ではなくて二番目でしたね。
それに、ポッキーじゃなくてプリッツだった(苦笑)

05-14 05:09
端野 萬造
>いくぽんさま
 ネットでみても好悪入り乱れた評価ですね。単に八丁味噌が好きか嫌いか、が判断基準と思われ。

 ワタシは積極的に好き、ですね。

>おきがる姐御
 朝ビールは言ってみただけ、でございますね。記事アップの後、毎週恒例のお掃除にかかりました。

 子供たちはともかく、賢夫人も実は「美味しいわよ、コレ」と。

>お多福饅頭さま
 プレッツェルって、イタリアのお菓子だと思ってたら違うんですネェ。ウィキでわかりました。ポッキーの持ち手をコーティングさせないってのは画期的だったんですねぇ。

 スーパーマクロのせいで、長大なロールカステラみたいなってますな、確かに。

 JR高島屋のロゴは、シールでございましてぇ。誤解させてしまいました。恐らく愛知県の主要お土産屋さんには、置いてあるのぢゃないかしら。

 この記事にはツッコンでいただけると信じておりましたよ、ワタシ。ありがとうございました。
  


Posted by きむらまどか at 17:27Comments(0)デザートと酒と/喰全般

2012年04月29日

キリン復刻ラガービールを今頃味わう/地ビールにオモウこと

2007年5月1日(火) 06:54 ▼コメント:4件

 はぐれ狼スタンドアロン

 この記事は自己満記録でございますればぁ。興味のない方には全く意味のない内容でございますねぇ。ちなみにスタンドアロンモードというのは、より「隠れ家」的なブログを細々と運営したい人向けということなんだそうです。おほほ。

 トップはキリンビール創立100周年記念4缶セット。







 お正月に呑もうと思ってですね、BIGテキサス 北店さまで買ってあった「キリン復刻ラガー<明治><大正>」 をやっと試すことができました。

 試す、ったって、もう呑むことできないんですがね。それにビールは、製造後出来るだけ早く味わうのが常道。今回のインプレッションはそういった意味でもハズレでございますね。



 もう幾らで買ったかすら、記憶にありません。定番のキリンラガーとクラシック・ラガーとの4缶セットで売ってました。普通ああいったセットって、工場出荷時に組み合わせるって思いますよねぇ。ワタシもそうでした。


 ところが、缶の底に製造所番号が記載されているんですが、それを確認いたしましたらね、4缶とも製造所が違いました。ちなみに、「ラガー 31 千歳」、「クラシック・ラガー 24 取手」、「復刻明治 17 滋賀」、「復刻大正 27 栃木」と4箇所。それぞれ得意分野があるんでしょうね、きっと。

 それにしても、誰がどこで組み合わせているのでしょうかねぇ。






 本当は4缶いっぺんに、新旧の味わいを比べながらというとこまでやってみたかったのですけど、我が家でビール呑むのワタシだけなんですよ。賢夫人は、ほとんど呑まない人なんです。





 350ml×4缶で1.4ℓとなりますとね。これで止まらなくなって、アル酒ゼンブ呑むという状況になって、食欲のばけもの発動となってしまいます。翌朝からアルバイトだというに。


 ですから今回は、復刻の2缶のみということで。



明治がやや濃い目



復刻明治



 明治はですね、ズドンときました。重厚な感じなんですよ。ラガーに対してのクラシック・ラガーという印象。味わいを求めるならばコチラ。原材料に米を使用していないとコウも違うかね、と。


復刻大正



 対して大正は軽く広い味わいです。だけど、しっかりしている。明治に比べると現代的といってもいい。舌にあっさりのる。喉越しは、大正に軍配があがる。ビールの爽快感を味わうならばコチラ。


 次買うならばドッチ?、と問われたならばワタシ、「明治」と答えるでしょうね。「麦芽・ホップ」のみで作ってる、というシンプルな力強さに魅かれるのでしょうかね。



クラシック・ラガー


ラガー



 ただ今回一番驚いたのは、限定醸造にも関わらず奇をてらったところが一切ないんですね。特に復刻明治は、通年出荷していただきたい。個性派の味わいですから。


 つくづく思ったのは、「やっぱり地ビールはもっと個性に訴えないと」でございましたね。歴史の違いってのは、ショーガない。なんせ、大手メーカーは持ってるノウハウがケタ違い。万人に受ける味に関しては対抗しようがないワケですよ。

 十勝ビアファクトリー を運営していた十勝麥酒醸造株式会社がついに経営をあきらめちゃったようです。当初から、この十勝・帯広で地ビール2社は難しいと考えられていましたから、今までよく頑張ったともいえるのですが。

 とはいうものの、十勝ビアファクトリーが消えてしまったとしても、十勝ビールの売上が増加するかというと全然関係ないんじゃないかなぁ、と。地域に残っている地ビールに対して、もっと住民が意識できる存在に自らなるような取組をしていかないとムズカしいでしょうね。結局、もう一つのマーケットも失われるだけ、になるかも知れません。

 ラーメン寶來のように、「万人向けではないけれど、旨い」が小規模でも残っていく秘訣なのではないでしょうか。でも、あれだけの設備してしまいますとねぇ。




参照項目

安くて旨い! スーパーやディスカウンターの酒を楽しむ



コメント(4件)

05-01 08:09
いくぽん @plala.or.jp
キリンラガーはダンナも好きでして、
あの苦味がたまらないんだそうです。
我が家の日常は発泡酒か第3のビールですが。
私の方が飲みます。

十勝ビールね、くせがないと言ってしまえば
それまでかも・・・
萬造さまのおっしゃる通り、個性に訴える部分は
少ないかもしれませんねぇ・・・

05-01 09:39
ナナ
クラシックラガーよりも
普通のラガーの方が好きかなぁ・・・

うちも宅飲みの場合は発泡酒に
なってしまっているケド;;

05-01 14:53
cask
個人的な意見ですが、明治のみ飲めます。
大正も現在のラガーもクラシックッラガーも美味くない。

キリンでは他、ハートランドとチルドビールくらいでしょうかね。
チルドに関しては多分儲かってないでしょうね。

05-01 22:20
端野 萬造
>いくぽんさま
 今から20年ほど前は、ビールといえばキリンのラガーでございました。生はそれほど主流ぢゃなくて、サントリーだけが頑張っていた頃。

 今のラガーはラガーぢゃない、とワタシは思っております。だから買うときはクラシック・ラガー。

 地ビールねぇ。十勝に限ったことではないのですが、呑むと必ず物足りないんですよ。4大メーカーの味に慣らされてしまってるせいなんですけど。

>ナナさま
 最近家では、発泡酒も第3ビールも買わなくなりました。だって、美味しくないんだもの。それなら、富士山麓やカルロ・ロッシや月桂冠辛口派のほうが納得して味わえる。価格も安いし。

>caskさま
 某パティシエさまも「明治が好み」と仰ってましたね。ワタシも同感でございます。ただ、最近ワタシの舌はあまりビールを欲していない。

 ゆえにいきなり日本酒、ならまだしも、カスク・ストレングスにイってしまったりと。
  


Posted by きむらまどか at 10:29Comments(0)デザートと酒と/喰全般

2012年04月22日

パスタ&パスタ・パスタ/萬造はいやっぱりイタリアーノ

2007年4月26日(木) 06:54 ▼コメント:8件

はぐれ狼スタンドアロン

 今回の記事はメイン記事になり損ねた寄せ集め。折角撮ったから、供養でございますね。

 メイン画像はレンジでチンパスタ完成の図。






 前記事に続きまして、しつこくパスタ。以前撮っておいた画像がやっと日の目を見るってものです。観続けていると、ゲップをしたくなるという。

 今はもう十勝管内には無くなってしまいましたね、コンビニエンス・ストアのサンクス。特段の思い入れもなにもワタシございませんが、この間札幌出張した折にたまたま立ち寄りまして、買ってしまったのがコチラ。





威風堂々600G



お品がき、ですぅ


白丸元味 ¥650.



 これをですね、コレして、博多一国堂さまでラーメン食べた後なのに、ホテルの部屋で食べようと。




 味はほとんど憶えてございませんけれど、ああ、喰ったなぁ、という悲しきゲップと共に微かな征服感とでも申しましょうか。



チーズ入りカレースパゲティーですからねぇ、考えてみれば結構クドイ



朝食に召し上がる方はいらっしゃらないでしょうねぇ


 閑話休題。

 ついで、コノ日の翌朝に家で試してみたのがコチラでございますよ。ワタシ、レンジでチンパスタ買うの初めてでございましてね。





 とにかく、安かった。ただでさえ3人前で128円なのに、賞味期限最終日なもんだから、60円引きですものねぇ。コレに魅かれたワケです。



コレだけでタラコスパが


色の白いラーメンみてぇ


コレがたらこになるのかぁ?



苦労して、あえました


さらにもう一人前



苦労の末ラッピング




どお、似てる?


 前日、一人前を試しておりました。コレはノーマル状態でいただいたワケです。意外にイケル、というのが感想でした。だって、一人前50円しないワケですからぁ。文句言ったらバチあたる。






 それで、今回はちょっとテーストを変えてみましょうかと。イタリアンなんだから、オリーブオイルだろうと、ワケもワカラずカケテしまいました。コレは失 敗でしたね。なんとも言えない、無理目な味になってしまいました。


 これを二人前平らげるというのは、結構苦行でございました。でも、自分が悪いンだからしようがありません。まさに修行。反省の末に進歩がある、でございますればぁ。



コメント(8件)

04-26 08:18
おさるのかぐや彩優木
大盛りチーズカレーパスタ¥600も
タラコスパ3人前¥68もめちゃくちゃ安いですね~

修行の先に見えるもはいったい何なのでしょうか?(笑)

04-26 11:59
いくぽん @plala.or.jp
朝、このブログを見たので
今日のお昼ご飯は必然的にナポリタンでした
( ̄△ ̄;)エッ・・?

04-26 19:54
cask
ギャル曽根に対抗してオジ萬でどうでしょう。

トンコツラーメンの後に993㌔カロリーのチーズカレースパですかww
これだけで、成人男性の摂取カロリー1日分近いんじゃないでしょうかねww

オジ萬様、タラコにはバターがベタでございます。
結局は3人前で68円。って事は1人前23円弱??

04-26 21:52
端野 萬造
>おさるのかぐや彩優木さま
 今考えてみても、600グラム400円ていうのは、ソンナ悪くないなと。でも、セイコマの100円スパは4個買えますけど。

 ドッチがいいのかなぁ。セイコマのスパは朝からでもいけますね。

>いくぽんさま
 ナポリタン(イタリアン)は、ご家庭スパゲティの定番ですわね。ウチはツナスパが定番ですけどぉ。

>caskさま
 デビュー、目出度いコトでございますればぁ。

 オヂ萬ですかぁ。タラコには確かにバターでございますね。最初から載せちまえばよろしかったのか。

 23円。確かにあの日の特別価格ですと、そうなる。賞味期限さえ問題にしなければ、何個か残ってましたんでねぇ、しばらく楽しめたかも。ただみたいな価格で。

04-26 22:13
おさるのかぐや彩優木
「オヂ萬」いいですねぇ~ww
私はやっぱり呼べないけど・・・

最新ブログに勝手に引用させて頂きました!
事後承諾すいません!

04-26 22:31
端野 萬造
>おさるのかぐや彩優木さま
 引用、全然構いません。ツマラナイ記事の羅列で申し訳ないのですけれど。ありがとうございました。

 パスタ関連でコチラもご紹介。

http://blogs.yahoo.co.jp/men_no_nariyuki/46467125.html

 今回のタイトルで「いやっぱり」を遣いましたが、「伊賀のカバ丸」からの引用であること、お気づきになった方、ツッコンでくださいましな。

04-27 05:30
おさるのかぐや彩優木
百鬼、開いてても混んで入れない・・・
行ったら閉まってた・・・
まだ入ったことないんですよ。
かなり年数はたってるのにねぇ。

「伊賀のカバ丸」でしたか。
「いやっぱり」気付いてたのですが、知らなくてつっこめませんでした。すんまそん!

04-27 06:24
端野 萬造
>おさるのかぐや彩優木さま
 1,800円トッテモ、ロクでもないもの出す料理人もいるかもしれないけどねぇ。ブツブツ・・・。

 ワタシにとって『キャンディ・キャンディ』から始まった少女漫画。その次が『カバ丸』でした。このために「別マ」(別冊マーガレット)を知り、くらもちふさこを知り、という。

 ああ、『いつもポケットにショパン』読みテェ。  


Posted by きむらまどか at 17:36Comments(0)デザートと酒と/喰全般